fc2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

南イタリアの教会にはヘタウマモザイクがいっぱい 4

otoranto14.jpg
オートラント大聖堂の床モザイク オートラント イタリア

イタリアの端っこにやってきました。端っこと言ってもつま先ではなくかかとの方、ここにオートラントという名の町があります。
端っこなら当然!海ですよねー
私はモザイク目的でちらっと立ち寄っただけですが、リゾート地のようです。
お天気がいいととても綺麗な海の色が見られるんですって!

otoranto01.jpg otoranto05.jpg

オートラント港のど真ん中が今回の出発点です。
ちょっと振り返ると城壁とアルフォンシナ門がみえます。ここをくぐって旧市街に入ります。

otoranto02.jpg otoranto03.jpg

まず目につくのは土産物街ですが、これを横目にみながら右へそれていくとオートラント大聖堂(サンタマリア・アンヌンティアータ大聖堂)に到着です。
シンプルなロマネスクの建物ですが、バラ窓はゴシック的だし入り口の彫刻はバロック様式だしとファサードは後世に何度か手を加えてきた様子。

otoranto06.jpg otoranto07.jpg

中に入ると床全面がモザイクでびっしりと覆われています。
アクィレイアに似ていなくもない感じですが、椅子もそのまま置いてあり今も現役でちゃんと使われている感じです。
とはいえ観光客にむやみやたらに踏まれたくないようで、そこはきっちり柵がしてありました。

otoranto16.jpg

この床モザイクは1163〜1165年の間にパンタレオーネと呼ばれる修道士によって作られました。
・・・というような内容がここに記されているようです。PANTALEONISの文字、見つけました♪

otoranto11.jpg

モザイクにどっぷりと入る前にちらっと上を見上げ、なんだか綺麗な天井だなぁと。

otoranto09.jpg

入ってまず目についたのが象の親子のモザイク。
母象の首の付け根から背中にかけて地の色が変わっています。このモスグリーンのゾーンは廊下のように教会の中心をまっすぐ貫いています。あまりに大きすぎて私はついに気づかなかったのですが、隣り合った2頭の象の背中から大木の幹が伸びていて、周りにいる人間やユニークな形の動物たちへと枝を伸ばしています。「生命の木」というものだそうです。

otoranto14.jpg

この大きな「生命の木」はゾーンごとに描かれているテーマがあるようです。
入ってすぐのエリアは狩りのシーンですが、キリスト教にどう関係があるのでしょう?

otoranto23.jpg

otoranto10.jpg otoranto12.jpg

otoranto17.jpg otoranto15.jpg

動物たちの姿、堪能してくださいな

otoranto18.jpg otoranto19.jpg

otoranto20.jpg otoranto21.jpg

実はこの狩りのシーンの向こう側、木の右側部分にアレキサンダー大王がいるらしいです。
どうも動物たちに目移りしているうちに撮りそびれてしまったようで、嗚呼、、、

そして赤い布で覆われているところには「バベルの塔」のシーンがあるようです。
その先は、、、

otoranto24.jpg

「ノアの箱舟」にまつわるシーンです。椅子が置いてあるので絵柄が分かりづらいですね。
向こう側の左端にいるのがノアで神の啓示を受けているところ。
手前にいる人は大工さんのようですが、ちょうどバベルの塔のシーンとの境に当たるので、作っているのが塔なのか箱舟なのか分かりづらいです。この辺り大工さんだらけなのです。同じ作り手としてパンタレオーネが特にこの職業の人びとに親近感を感じていた、ってこともあるかもしれません。

その奥のゾーンには1年の各月を表した12個の円が並ぶゾーンがあります。椅子のないところはこんな感じです。
といっても完全な円で撮れているものは1つもないのですが、、、

otoranto38.jpg

同じく上の写真で12個の円の向こう、生命の木の先端の周りはエデンの園のシーンがあるのですが遠くてちょっと見づらいです。
手前の方にありよく見えたのは、カインとアベルの悲惨なシーンでした。

otoranto39.jpg

「生命の木」からさらに奥、祭壇にあたる箇所は人「人間の悪徳と美徳」を表した16個の円があります。

otoranto37.jpg

otoranto52.jpg

ふぅ、ここでこんな彫刻を見つけ一休み。

otoranto55.jpg otoranto56.jpg

今回の記事は長くなりそうなのでブログもここで一休みにします。
続きはまた次回に



南イタリアの教会にはヘタウマモザイクがいっぱい 3

bari11.jpg
バーリ大聖堂 ティモテオのモザイク バーリ イタリア

ここのところ南イタリアの記事が続いてますが、この旅行で拠点にしていたのがアドリア海に面したプーリア州都のバーリです。アルベロベッロやマテーラへのアクセスも良く便利なので、南イタリアへ訪れる旅人は必ず立ち寄るのではないでしょうか。
ホテルは大通り近くにとっていたので賑やかな都会だと思っていたのですが、海辺の方へ散歩すると旧市街や漁港などちょっと雰囲気がいいエリアがありました。

bari35.jpg bari36.jpg

bari26.jpg

バーリの観光は日中遠出した後、隙間時間を利用しての観光なので基本夕景か夜景です。

それほど広くない旧市街に印象的な教会が2つありました。
一つはサン・ニコラ聖堂、日本ではサンタクロースの名でおなじみのバーリの守護聖人サン・ニコラを祀っています。
ちなみに聖ニコラはトルコが本拠地なのです。あちらで彼の教会にも行きました。

時はまさにクリスマスシーズン、ここのプレゼピオは教会と中庭を挟んだ向かい側、道沿いの建物に等身大で飾られてました。

bari27.jpg

写真以上にイルミネーションがキラキラと明るく、中庭が神聖だけど華やかで実にクリスマスらしい空間になってました。
一方聖堂のファサードの方はこんな感じです。

bari28.jpg bari29.jpg

クリスマスの飾りがなにもなく、この時期プーリアロマネスクの建物は完全に脇役に徹しているようです。
よく見ると外観や扉周りの彫刻の感じがビトント大聖堂によく似てます。これはビトント大聖堂がサンニコラ聖堂を真似て作ったからだそうで、こちらが本家本元です。




もう一つの教会が今回の本命、バーリ大聖堂です。

bari01.jpg

中に入った時はミサの真っ最中、でも間もなく終わりそうな気配だったのでそのまま見てました。
皆が自由に動き始めた頃、ようやく地下階段への案内図に気付いたのですが、開館時間は午前のみと書かれていてガッカリ。どちらにしても完全に時間外に訪れているので、入れるわけないかと半ば諦め顔で立ち去ろうかと思っていたのですが、なんと係のお兄さんがやってきて、どうぞ!と扉を開けてくれたのです。
なんと素敵なサプライズ! 
バーリには本当にサンタクロースがいたようです。しかもクリスマスソングのBGMまでサービスしてもらいました。

bari03.jpg

まず目に入ったのはこちらの地下聖堂。黄色い大理石が色鮮やかです。

bari04.jpg

モザイク床が見えてきました。
この辺りは5世紀初頭の初期キリスト教時代に建てられ、中世(11世紀頃)まで続いたかつての教会の遺構があります。
その後拡張した今の教会が建てられたため、教会の周りの土地も一緒に取り込まれて残ってます。
写真はローマ時代に使われていた道の一部。轍がくっきりと残ってます。

bari07.jpg

ここはパネル説明が丁寧で、見やすかったです。
教会跡のどの場所にモザイクがあったかよーくわかる図面もありました。これは助かります! 地下でウロウロしていると自分の居場所をつい見失ってしまうので。
復元の様子を説明したパネルもありました。地道な作業の積み重ねで大変そう。

bari06.jpg bari12.jpg

パネルの図面を参照すると、この写真↓は教会の外壁の隙間から覗き込んだ感じになるのかな?(図面のAの箇所)

bari08.jpg

こちらがティモテオのモザイク。ほとんどは幾何学模様で埋め尽くされています。

bari09.jpg

bari13.jpg

幾何学模様なのになぜか味わい深い表情を醸し出し手ます。中央の正方形周りにある縄が四方に円を描くように絡まった模様は真ん中の処理が適当で残念で気になってたまらない。ですが、ついついあーでもないこうでもないとじっと見入っちゃってしまうのは、もしかして作者の策略にはまってるのかしら??

部屋の隅っこの方はちょっと様子が違います。

bari10.jpg
bari16.jpg
bari15.jpg

魚、さかな、サカナ、イカ、、、
絵柄が愛らしすぎて、キリストのシンボルとしての意味などどこへやら。ありがたいというよりも可愛いとしか言いようがありません。
ああ、お魚が食べたい〜 (魚のモザイクを見るといつもこれ)

bari17.jpg

碑文にはラテン文字でこのモザイク製作に関わった二人の司教アンドレアとティモテオを讃える内容が書かれています。特にティモテオが資金を調達したり、作品を発注したりと密に関わっていたとか。
そんな細かい情報まで碑文にしてるんですね。



モザイクとは関係ないですが、バーリで楽しめた場所をもう一つご紹介。

ノルマン時代に建てられたこちらのお城の中にはプーリアロマネスク様式の彫刻が展示されています。

bari30.jpg

bari31.jpg

彫刻の細工は細やかで見事!
見ごたえ抜群でした。


南イタリアの教会にはヘタウマモザイクがいっぱい 2

bitonto07.jpg
ビトント大聖堂の地下モザイク ビトント イタリア

前回のトラーニからすこし南下するとビトントという町があります。その旧市街の真ん中あたりにビトント大聖堂が建っています。
教会についたのは夜の7時過ぎ、外観は後で楽しむとしてとにかく中に入ります。

bitonto01.jpg

プーリアロマネスク様式の典型的な教会で、石の風合いをたっぷり感じさせる内装です。そして足元には丸窓が。
覗いてみると、、、

bitonto02.jpg

いきなり本命のご登場です。
そう、モザイクがあるのは地下! 地下に向かってまっしぐらです。

階段を降りると、そこにはなんとも魅惑的な空間がありました。足元が素朴なモザイクだらけです。
bitonto03.jpg

この地下部分は昔の教会の遺構です。床モザイクがふんだんに施されてたんですね。

bitonto04.jpg bitonto06.jpg

幾何学模様多いですが通路部分にはクジャクのモザイクが。
クジャクはキリスト教では復活・不死のシンボルでしたっけ。

bitonto05.jpg

こちらはクジャク? 別の鳥でしょうか。
そばには「初期キリスト教のモザイク5〜6世紀」との説明があります。

通路をまっすぐ突き進んだ奥にグリフォンのモザイクがありました。
モザイクの周りには正方形にぐるっと格別に分厚い壁が取り囲まれていて、この辺りに塔、または内陣の中心があったようにも思えます。
そしてこれまでと明らかに違う質感と絵柄。
実は9〜11世紀頃に改築(改修?)があったらしく、その際にこの空間に合うようにモザイクをはめ込んだようです。
小部屋の周りには通路で囲まれてるのでぐるっと1周できます。

bitonto09.jpg

こんな角度や、

bitonto08.jpg

こんな方向からも。

グリフォンはワシとライオンが合体した姿であることから、キリストの人間性と神性の二面性を象徴したものと扱われているようです。
周りを四角く囲んだ縁取りも正十字が連なっているのが面白いです。

上に戻る階段の足元には、かなり大掛かりなプレゼピオ がありました。

bitonto12.jpg bitonto13.jpg

こちらを見ていると 管理人のおじさんが 地下遺跡の電気を消し始めました。
ギリギリセーフだったようです。モザイクだけでも見ることができてよかったぁ、ふぅ。

では外に出て改めて外観チェックです。

bitonto14.jpg

ファサードには3つの扉があり、中央の扉上の半円部分にはタンパン彫刻があります。
ここに表現されてるのはキリストの地獄への降下、つまりキリストが死後地下にある死者達の国を訪れ、地獄にいた人を救ったというエピソードなのだそうです。レリーフはアダムとエヴァを地獄から引き上げる情景、キリストがアダムの手を引いているのが見えます。(見えにくい?)
このモチーフは東方の正教会でイコンなどによく用いられるものなのだそうです。

まぐさ石部分(半円の下の梁みたいな所)には左から受胎告知・訪問・東方三博士礼拝・聖堂奉献が彫らています。
これらの装飾の脇に門番のようにいる生き物は、、、

bitonto15.jpg

またもやグリフォンでした。
グリフォンと聞くとなぜかグルジアワインを連想する私には、アドリア海を超えた向こうのエキゾチックな文化を感じてしまいます。港町バーリが近いからかな?

bitonto16.jpg

聖堂の全体像です。到着がすっかり遅れましたが、夜の教会も旧市街もいい感じです。
ここまで駆け足で回ってきたけれど、帰りはのんびりぶらぶら歩こうかな。

bitonto17.jpg bitonto18.jpg

南イタリアの教会にはヘタウマモザイクがいっぱい 1

Trani04.jpg
サン・ニコラ・ペレグリーノ大聖堂の床モザイク トラーニ イタリア

モザイクを習っているとつきない悩みの種、それは大理石の名前がなかなか覚えられないってこと。
アトリエの棚いっぱいに並んでいる多種類の石を思い浮かべてください。あれの全制覇はなかなか難しいですよね?名前を覚えてもその石の色や質感がすぐに思い浮かばなかったり、、、

そんな私でもちゃんと覚えている石の名前の1つが今回訪ねたこの町の名前だったりします。産地の名前が付いているんですね。
さすがに観光で出かければ覚えられるよねー
(と言いつつ、この記事を書き始めるのに、ト、ト、トラパーニ、、、、あれ?違う!ともたついたことは内緒♪)

Trani01.jpg

まだ日の明るいうちに旧市街をとった唯一の写真。
ランチを食べたレストランを写したんですが、外壁にトラーニを使ってるのでしょうか?

この町にとっても優雅で美しい教会があるのです。「プーリアの大聖堂の女王」と呼ばれてるんですって!海辺に佇むこの姿、納得です。

RIMG0052.jpg

教会は地元産の石材を利用して建造されているってことなので、この外壁も要注目ですよ。
夕刻近くなってるので色合いがちゃんと出ていないのが残念です。

1056~1186年の間に建てられたプーリア地方ロマネスク様式の建物で、装飾などじっくりみれば面白いものいっぱいあったと思いますが、駆け足で立ち寄ったのでモザイク以外は簡単に眺めただけでおしまいにしてしまいました。

Trani11.jpg

Trani12.jpg
11世紀当時の最新技術で作られたブロンズ扉
今は教会の側面にありますが元は正面の扉でした。

Trani13.jpg
サンタ・マリア地下聖堂のフレスコ画
9世紀前半サンタ・マリア聖堂が建てられ、その上に現在の大聖堂が建てられたそうです。

さてここから本命のモザイクです。

Trani06.jpg
保護もなく大胆に椅子がそのまま置かれていました.。(数年前訪問時)

Trani07.jpg
アレクサンダー大王

Trani08.jpg
アダムとイブ

Trani10.jpg

Trani09.jpg

Trani05.jpg
足元にタコさん発見

創建当時のモザイクがそのまま残ってます。
詳しい情報がないのでどんな風に作られたかなど、わからないのが残念! 
どんな人がこれらの作品を作ったのでしょう?

Trani14.jpg

観光が終わって外に出ると辺りは夕暮れでした。
教会前の広場から見えるズヴェヴォ城 Castello Svevo
こちらも石材は現地産だそうで、、、

私にとってのトラーニは夕焼け色に染まったくすんだアイボリーカラーです。

お散歩気分でモザイクを楽しむ in ローマ4

stAgnese05.jpg
サンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ教会 ローマ イタリア

以前ご紹介したサンタ・コンスタンツァ廟の隣、というか同じ敷地内にサンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ教会があります。

サンタニェーゼというとナボナ広場にあるサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会の方がメジャーかな?この2箇所とも同じ聖女にまつわる場所なのです。今回訪ねる場所はかつて聖アニェーゼが住んでいた場所、そしてナボナ広場は彼女が殉教した場所だそうです。なんでもローマの有力者の息子から求婚され、キリスト教徒(異教徒)であることを理由に断ったために処刑されたとか。

stAgnese01.jpg

教会へは長い階段を降りていくので、地下に潜っていくようななんだかちょっと不思議な感覚です。
この階段の壁に掛けられた石板は教会の地下にあるカタコンベから出てきたものです。

stAgnese02.jpg stAgnese03.jpg

教会は342年にコスタンティヌス大帝の娘コスタンツァがアニェーゼを奉る教会を建ててから7世紀に建て替えられ、その後も何度か改築、改修があったようです。身廊部分の装飾、新しそう。

stAgnese04.jpg

でもモザイクはアプスの円蓋部分に7世紀当時のまま、無事に残ってました。

stAgnese10.jpg

stAgnese06.jpg

聖アニェーゼの足元には火と剣があります。これは最初彼女は火炙りになるところだったのですが火がつかず、その後剣で喉を切られたという話から。なるほど火はついてますが彼女の周りでチロチロと燃えているだけです。
そして聖アニェーゼのお顔の平面的なこと! 7世紀になると聖人などは人間離れした雰囲気を表すためにあえてこんな風に描いたようです。あとの2人と比べるとお顔違いますよね?

stAgnese08.jpg
その上には神の手

stAgnese11.jpg
左側で教会を持っているこのお方は7世紀にこの教会を献堂した教皇ホノリウス1世。

stAgnese09.jpg
シンマクス教皇
このお方どういう方なのかさっぱりわかりませんでした。
日本語のwikiにあったのはたったこれだけでした。

シンマクス(Symmachus, ? - 514年7月19日)は、第51代ローマ教皇(在位:498年 - 514年)。カトリック教会で聖人とされる。

じっとこちらを見つめる目ヂカラの強さが印象的でした。

モザイクの学校へ行こう!

spilin30.jpg
フリウリモザイク学校 スピリンベルゴ イタリア

トリエステのあるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州にはもう一つ忘れてはいけない場所がありました!
スピリンベルゴです。

spilin19.jpg
学校のロビーにあるスピリンベルゴを描いたモザイク 川に囲まれたまちなのです

観光地ですが、モザイチスト or モザイチスタを目指す方なら勉学&修行の地として有名かも? 
イタリアにして唯一のモザイクオンリーの専門学校であるフリウリモザイク学校(Scuola Mosaicisti del Furiuli)があるところです。イタリアの他の町にもモザイクを学べる場所はありますが、たいてい芸術学校の中の1つの科目として取り扱われているということだそうです。
(当時そんな風に話を聞きました。真偽のほどは?ですが)

spilin02.jpg spilin03.jpg
spilin36.jpg spilin34.jpg
今は使われていない旧校舎には素朴で愛らしい看板が残ってました。なぜかモザイクじゃなく金属製です。

spilin01.jpg

この学校は町の観光案内マップにも載っていて、見学・観光ができるようです。
外装も内装もモザイクがふんだんに用いられてますし、また学校の廊下や一部の部屋には博物館よろしくレプリカ作品やオリジナルの作品などが豊富に展示されているのです。

spilin28.jpg
階段の手すりにもモザイクの装飾

spilin23.jpg spilin15.jpg
ブレーメンの音楽隊はトイレの壁にありました。
カフェのテーブルも1つ1つ違ったモザイクが施されてました。


spilin10.jpg
廊下にはモザイク作品がずらり

spilin14.jpg spilin16.jpg
spilin11.jpg spilin12.jpg
spilin18.jpg
各地のモザイクが一堂に集まると圧巻です!

spilin09.jpg spilin08.jpg
エスニックな置物やタペストリーもモザイクで

spilin13.jpg
ラファエロの聖母子、まるでそのままです

専門の学校が一つあると町全体に色というか個性が生まれます。
スピリンベルゴの町はモザイク産業を中心に発展しているように見えました。モザイク作家の工房や材料のズマルトの工房もいくつかあり、見学の機会にも恵まれました。

spilin24.jpg spilin22.jpg

あとホームセンターというか荒物屋というか、その中間のようなお店に行くとモザイク作りに必要な工具や道具がちゃんと揃っていて便利だなと思った記憶があります。ここにいればモザイク作りに集中できる環境が作れそうでした。

私たち目線から見るとモザイクの町ですが、旧市街は中世の装飾がふんだんに残っていて本当に可愛らしいまちです。

spilin05.jpg spilin21.jpg
spilin26.jpg spilin04.jpg
spilin27.jpg spilin07.jpg

住宅街もなかなか侮れないところもあり、、、
(結局モザイク探しを楽しんでいる)

spilin32.jpg spilin33.jpg
spilin06.jpg

観光としてもぜひ立ち寄って欲しいなと思います。


※本記事の記述は5年ほど前の体験に基づく内容です。状況が変わっている可能性があるので、学校へ訪れる際には事前確認をお勧めします。





おまけ

モザイク学校でこんなパネルを見つけました。
和歌山県白浜にあるホテル川久の入口ロビーの床のモザイク
ここの学校の職人さんたちが手がけたそうです。
夏休みにお近くに寄る機会があれば、お茶でも飲みに立ち寄ってみてはいかがですか?

spilin35.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。