FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

アルルの超大型作品です

Arle2.jpg
Verrerie de Trinquetaille のモザイク群 県立古代アルル博物館 フランス

前回ご紹介したローヌ川右岸の一画にかつてガラス工場(Verrerie de Trinquetaille)があった場所があります。
そこから1世紀〜3世紀ごろの大規模な邸宅跡が見つかりました。貴重な発掘品が多く、今でも現在進行形で発掘、研究が進められています。
今回ご紹介するモザイクはすべてこのエリアから見つかったものです。
冒頭のモザイクは邸宅の大きなトリクリニウムを飾っていました。県立古代アルル博物館の目玉の1つです。

同じエリアからはメデューサや幾何学模様などのこちらのものも出てきてます。
同じ邸宅内でしょうか? どれだけの床をモザイクで飾っていたのでしょう! 

Arle1.jpg

壁はポンペイ第2様式に酷似したフレスコ画で覆われていたようです。ガロ・ローマでこのスタイルは希少だとか。
イタリアの方から職人を呼び寄せて作っていたのかもしれません。
ここの主人は相当お金持ちの趣味人だったのかも?

Arles5.gif

冒頭のモザイクに戻りましょう。

こちらは2世紀末ごろのものとされています。
中心部にいるのは時を司る神アイオーンです。右手にゾディアック(黄道十二宮)を左手には笏を持って、金の玉座に座っています。

その周りを囲むようにいるのはヒッポカンポスにのるネレイドと思うのですが、ヒッポカンポス(海馬)なのに顔が牛っぽくてこれは別の生き物なのでしょうか? うーむ。

arles1.jpg

こちらは正真正銘、馬の顔のヒッポカンポスですが乗っている人は男性です。
順当にいけばポセイドンなのですが、馬車じゃなく直乗りっぽいし人相もイメージとずいぶんと違うような、、、
作り手がアレンジしたとか?

arles2.jpg

そして隅っこには可愛らしい小人さんたち。他は大胆ヌードなのにチラ見せのこの子、却って目についてしまいます。

arles3.jpg

そしてアイオーンのモザイクと反対向きになっているもう一つのモザイクは酩酊のディオニュソスです。
縦に撮った写真を回転させたものなので見辛くてすみません。

Arle3.jpg

ディオニュソスが取り巻きを従えて、宴会場へと誘っているところのようです。手にもワイン壺のようなものを持ってますし、誘った先にもおそらくワインで満たされてるであろう大きな器があります。
この部屋に呼ばれた古代の客人たちはこのモザイクを見ながら、さあこれからたっぷりと飲みましょう!と主人に促されていたのでしょう。
楽しそうな宴が始まりそう、、、私なら期待で胸がワクワクします!
そんな華やかで楽しい場面を連想したくなる作品です。

年の瀬が近づき、私たちもお酒を口にする機会が増える時期になりました。
宴会は本当に楽しいですけど、ディオニュソスの誘惑にはご用心ご用心!

大作揃いでびっくりのアルル

RIMG0705.jpg
オルフェウスのモザイクほか  県立古代アルル博物館 フランス

南仏のアルルです!
アルルで思いつくのはまずはゴッホですよね? ゆかりの地を巡り歩くのも楽しいです。

RIMG0449.jpg RIMG0266.jpg

古代ローマ遺跡もいろいろあります。

RIMG0659.jpg RIMG0492_20171206223527c54.jpg

でもなんだかんだで結局一番楽しんだのは今回ご紹介の県立古代アルル博物館でした。

私が訪れた2013年当時に出来たばかりのとってもモダンな建物の博物館。
展示品が厳選されているので空間もゆったり、全部見なきゃ〜!なんてプレッシャーもなく気持ちもゆったりで見て回れます。
見応えのある彫像や精巧なレリーフのある石棺など展示品の質もなかなかのもの。

RIMG0675.jpg
最古と言われる(?)カエサルの像

しかもお勉強って感じではなく楽しんで見れるんです。
博物館でおきまりの古代建築の再現模型もここでは一味違う。
これはアルルの円形闘技場の模型ですが、遊び心がなんとも素敵。可愛くないですか?
アミューズメント施設にいるみたいです。

RIMG0685.jpg RIMG0683.jpg

でも一番私たちにとって大切なのはモザイクですよね?
ご安心下さい。こんな感じで満足のいく質と量です。

RIMG0695.jpg

厳選しているのか点数は多くないですがひとつひとつが見応えのあるものばかり。
私としては1回で紹介してしまうにはもったいない量です。

これら南仏の各地から寄せ集めたわけではないんです。
古代アルルの町からまとまって発掘されたというからびっくりです。

RIMG0672.jpg

こちら4世紀頃のローマ時代のアルルです。ローヌ川左岸(南側)は公共の施設が集積してるのに対して、川を渡った右岸には住宅地があったようです。このエリアの邸宅から見つかったモザイクたちなのです。

まず始めに1900年にカマルグ通りの近くの邸宅跡から「エウローペのモザイク」が見つかりました。
ギリシア神話の挿絵にそのまま使えそうな、綺麗にまとまった作品です。

RIMG0723.jpg
エウローペのモザイク

白い牡牛の目つきがなんとも言えないです。ゼウスが化けてエウローペーをさらってるところですが「してやったり」とばかりに満足げにほくそ笑んでいるように見えます。

表題のモザイクは同じく現在のカマルグ通りの近く、エウローペーのモザイクとは別の邸宅跡から出てきました。クビクルム(cubiculum)と呼ばれる寝室(または私室)の床を飾ってたようです。1934年の出土で3世紀後半〜4世紀頃のものとされています。
隣にはこんな幾何学模様のモザイクがあったようです。

RIMG0697.jpg

吟遊詩人のオルフェウスは竪琴の名手です。その腕はアポロン直伝だとか。彼が竪琴を弾くと森の動物や鳥たち、草花までもがうっとりと聞き惚れるほどの超絶技巧の持ち主です。
モザイクはそんな牧歌的な様子を表してます。

RIMG0705.jpg

確かに後ろの木、踊っているかのようなしなり方です。ちゃんと聴いているみたいですね。

まだまだ紹介していないモザイクがたくさんありますが、行ってからのお楽しみも取っておくことにしましょう。
とは言えあと一つぐらいはお見せしようかな?

ということでこの続きは次回に続きますのでお楽しみに!

ディオニュソスが怖いと思った日

penthee.jpg
ペンテウスのモザイク ニーム考古学博物館 フランス

ディオニュソスに従兄弟がいたってご存知ですか?

この質問はおかしいですね。従兄弟の一人や二人いておかしくないですから。
ディオニュソスとその従兄弟にまつわるギリシア神話をご存知ですか?と言ったほうが正確でしょう。

その従兄弟が今回のモザイクの主役ペンテウスです。
こちらの図はお気の毒なことに女性に殺されそうになっているところです。
同じエピソード(エウリーピデースの悲劇『バッコスの信女』)の別の絵がポンペイのヴェッティの家に残っています。
こちらは複数の女性に襲われています。

Pentheus.jpg

ディオニュソスの信仰といえばワイン、酩酊、秘儀、群がる女性たち、、、狂乱的で倒錯的な印象があります。
社会に秩序を求める人には歓迎されるものではありません。
テーバイ王であるペンテウスは従兄弟が布教するその信仰を禁じたのでした。
しかしそれに腹を立てたディオニュソスは信者である女性たちを焚きつけ、彼を切り裂きバラバラにさせるのです。そのクライマックスが母親であるアガウエーがわが子の首を切り落とすシーンです。
なんて刺激的で悲劇的なお話なのでしょう!

このモザイクが発掘されたのは2007年。発掘した学者さんによると、このお話をモチーフにしたモザイクはこれが唯一にして初めてなのだそうで、貴重なものだそうです。

発掘に関する情報はアルバム編に詳しく出てます。(昔の記事なので下の動画はリンクが切れているようです)
というか、こちらの記事がなかったら、またもや貴重な作品を見過ごすところでした。

発掘の様子を見ていると、大きく状態の良い床モザイクが見つかったようですね。
隣り合う2つの部屋にモザイクが施されていて、1つは客を迎えるレセプションルーム、もう一つは食事用の家具が置けそうなモザイクのない空きスペースがあったことから食堂ではないかと推察されてます。
ペンテウスのモザイクはレセプションルームにあったモザイクの中心部分でした。

ただ残念ながら、考古学博物館に展示されていたのはこの一部だけでした。残りは研究中?それとも他の場所に保管?展示?
私が訪れたのは3年前なので、展示物が刻々と変わっているかもしれません。増えているといいな。



ニームの考古学博物館には、他にもモザイクが複数あります。博物館の規模の割には充実しているので興味があればぜひ。

nime4.jpg nime3.jpg
nime2.jpg nime1.jpg




再びのベネラバ

villa Loupian27
Loupianのガロ・ローマ邸宅のモザイク群 フランス

以前サンダルモザイクの回で登場したこちらのモザイクを覚えていますか?
villa Loupian10

これを見たのは南仏、モンペリエから東へ30km程のLoupianという村にあるガロ・ローマの邸宅です。
ガロ・ローマのガロはガリアを指すらしく、帝政ローマ時代にこのエリア独自に発展した文化を指すようです。
ここに残るモザイク群は2世紀のものでした。

そもそもは南仏でゴッホだーセザンヌだーと、ごくごく普通の旅をしていたのですが、たまたま文字情報を見つけてふらっと立ち寄ってみたのでした。カマルグ湿原を通過しちゃってちょっと遠かったのですが。

目的地には農地だらけのところに、ぽつんと、でも観光地です!とばかりのモダンな建物がありました。
モザイクのある邸宅は少し離れたところにしっかりと建物のなかに保護されてありました。

villa Loupian34 villa Loupian31

中は予想していたよりもずっと広くモザイクも豊富!!

villa Loupian15

邸宅の周りをぐるっと囲むように中2階ぐらいの高さの通路が張り巡らされていて、すごく見やすかったです。家具やマネキンなど使っての演出もなかなか凝っていて面白いし、モザイクそのものも随分と丁寧に復元されていました。
これ、フランスの中でも結構な大物を見たんじゃないかなー? 頑張って行った甲斐がありました。

villa Loupian23

villa Loupian05

villa Loupian12 villa Loupian25
villa Loupian16 villa Loupian20
villa Loupian22 villa Loupian24


でもここの演出?説明?私にはかなり不可解で理解不能なものがありました。
それがあちこちにある脈絡不明の小さなモザイクのパネル。
最初はこの辺りにこんなモチーフがあったのだよーという意味なのかと思ったのですが、それにしてはどこかで見たことがあるような気がしててココジャナイ感がびしびしと来るんです。何かを訴えたいようなんですけど、わかりそうでわからない。

villa Loupian33
villa Loupian04

まあ、そんななかにベネラバのモザイクがあったわけです。
この写真のエリアは浴室があった場所のようです。
ベネラバはティムガッドでは浴室の入口にあったということなので、こちらが入口なのねー、、、、ってわかりにくいわ!
(↑この情報は今調べてわかったことです)
要求される知識がハンパない感じで、ついていけませんでした。

villa Loupian09

フランス人ってこういうのさらっとわかるんでしょうか??

このカテゴリーに該当する記事はありません。