FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

イエスキリストの物語〜カーリエ博物館

RIMG2393.jpg
カーリエ博物館のモザイク群 イスタンブール トルコ

今回はカーリエ博物館の外ナルテクスのモザイクをご紹介します。
前回の「マリアの危機」的なセンセーショナルな終わり方は私が意図したものではなく、内ナルテクスにあった内容に従ったらこうなってしまいました。
まるで連続ドラマのようですね。次回はどうなってるのかしら?なんて、この辺りの感性は現代の私たちと似ている気がして親近感がわきます。

さてキリストの物語ですが、その前にトップ画像の説明です。
こちらは内ナルテクスのもう一つのドームのモザイク「キリストの系譜」です。
中央にキリスト、周りにいるのはキリストの祖先です。アブラハムからキリストまで42代、1周で24人、場所によって2段に配置されているので、全員いそうです。顔もそれぞれ違うので見応えあります。



では本編に突入です。

RIMG2365.jpg
「ヨセフの夢とベツレヘムへの旅」

RIMG2366.jpg
「ヨセフの夢とベツレヘムへの旅」細部

突然のマリアの懐妊にすっかり怒ってしまい、別れるつもりのヨセフですがある日夢を見ます。
主の使いが彼を訪れ「彼女の身に宿った子は聖霊によるもの。彼の名をイエスと名付けよ、彼は民を救う者となる」とのお告げを受けるのです。
これでヨセフは納得しマリアと別れるのをやめます。

ちょうどその頃、王(アウグストゥス)は課税登録せよとの命を出します。この辺りは時代的にも合致してて、聖書の物語とリアルな歴史がシンクロしていて面白いなーと思います。
ともかく、命令に従いヨセフはマリアを連れてベツレヘムへと旅に出ます。

RIMG2376.jpg
「課税のための登録」

RIMG2379.jpg
「課税のための登録」細部

課税登録しているマリア様の様子。
ヨセフはまるで保護者のようにその様子を見ています。
そして、、、

RIMG2324.jpg
「キリストの降誕」
キリスト降誕にまつわる様々なシーンが描かれています。
右側には羊飼いの元に天使が現れるシーン、左側はイエスが産湯に浸かるところでしょうか。

RIMG2302.jpg
「ヘロデ王の前の三賢者」
キリストの降誕の知らせは三人の賢者によってヘロデ王にもたらされます。
これがもとでベツレヘムに大きな不幸が訪れます。

RIMG2432.jpg
「無垢な子供の大虐殺」
王は自分の地位を脅かす存在の誕生を恐れ、ベツレヘムにいる2歳以下のすべての男子を殺害するよう命じ、実行させます。

RIMG2431.jpg

カーリエ博物館にはなぜか幼児虐殺に関連したシーンを表したものが数多くあります。
ブックショップの上辺り、残虐なシーンが目に付きます。

karie - 6
こちらは殺された子を思い、「悲しむ母親たち」

RIMG2311.jpg
「エリザベスとヨハネの逃避」
タイトルを見て初めて知りました。洗礼者ヨハネとその母親エリザベスも、同様に危ない思いをしていたようです。

RIMG2354.jpg
「エジプトからの聖家族の帰還」
そんな大変な状況の中、キリストたち3人はエジプトへと難を逃れます。
その後ヘロデ王が死去したことを知ると、神の導きによりイスラエルの地へと戻るのです。

RIMG2334.jpg
「イエスの洗礼」「荒野の誘惑」

イエスはヨルダン川に赴き、ヨハネから洗礼を受けます。
その後、精霊により荒野へ向かい、40日間の断食を行いながら悪魔の誘惑と戦います。

RIMG2348.jpg
「イエスの洗礼」細部

ここまでがキリストのお話のような感じです。
その後は、キリストの奇跡のシーンの数々はあるのですが、不思議なことに私たちが良く知る「最後の晩餐」などのキリストの最後にまつわるシーンはないのです。

なんだか中途半端な感じですが今回はこの辺で。

マリアさまの生涯がよくわかる〜カーリエ博物館

RIMG2418.jpg
カーリエ博物館のモザイク群 イスタンブール トルコ

先月にさわりだけ軽くご紹介したカーリエ博物館、今回からじっくりといきます。

カーリエ博物館のモザイクは主に、キリストの生涯と数々の奇跡、聖母マリアの誕生と生涯が描かれています。
観光の順路に従うと、外ナルテクスのキリストの奇跡や生涯の一部が先に目に入るのですが、話の順番ではマリアさまが先ですよね。マリアさまの話は内ナルテクスに多いのです。しかもここは彼女の両親のエピソードから細かく話が展開しているので、うまく並べたら婚前のマリアさまの様子がわかりそうです。
なので思い切って順路は無視して、作品をストーリー順に並べていこうと思います。

と、その前にまずはこちら。内ナルテクスに2つある内の片方のドームです。

RIMG2419.jpg
「聖母の系譜」
中心に聖母子像、周りにいるのはマリアさまのご先祖さま達のようです。

ここから聖母マリアの生涯です。

RIMG2418 2
「ヨアキムからの奉納の拒絶」
話はマリアの父、ヨアキムから始まります。
ヨアキムは信心深い人でしたが、捧げ物を持って行ったところ、子供をなしていないということで追い返されてしまいます。

RIMG2427.jpg

そこでヨアキムは荒野で神に子が授かるよう祈り、また授かった子は神に捧げることを誓います。「荒野へ向かう、子のいないヨアキム」(右上)
ヨアキムの願いは叶い、天使が現れます。同時に天使はマリアの母アンナの前にも現れます。「アンナの受胎告知」(下)

RIMG2426.jpg
「ヨアキムとアンナの出会い」
2人はエルサレムの神殿の黄金の門で出会います。

RIMG2413.jpg
「聖母マリアの誕生」
聖母マリアが生まれました。
母アンナはベッドから半分起き上がった状態。父ヨアキムは中の様子が気になるらしく、扉の影からこちらを伺っています。ヨアキムの目の前で赤ちゃんマリアは産湯に浸かるところです。

RIMG2414.jpg
「父母に抱かれる聖母マリア」(下)
赤ちゃんマリアを抱く仲睦まじい親子の姿。愛が溢れる素敵なシーンです。

RIMG2455.jpg
「祭祀から祝福を受ける聖母マリア」
こちらは先ほどの天井モザイクの上の部分にあたります。
日本のお宮参りみたいな感じでしょうか?

RIMG2415.jpg
余談ですが、そばにあるアーチを飾るモザイクも素敵です。

RIMG2412.jpg
「聖母マリアの初めての7歩」
肝心のマリアさまの顔がバーに隠れて見えません(汗)
マリアさまは生後6ヶ月で歩き始めたそうです。やはり並みの人間とは成長が違うようです。

RIMG2410.jpg
「エルサレム神殿で奉献される聖女」
天使との約束通り、ヨアキムとアンナは3歳になったマリアを神殿に連れて行きました。

さてここからのエピソードは前後関係があやふやです。

RIMG2405.jpg
「天使の祝福を受けるマリア」
マリアさま随分と大人になりました。

RIMG2416.jpg
「ザカリアと12の杖」
年頃になったマリアさまに12人の杖をもったおじさま方が集まります。これがヨセフと出会うきっかけとなりました。
ちなみにザカリアは洗礼者ヨハネの父親にあたる人です。

RIMG2417.jpg
こちらのエピソードはよくわからないのですが、マリアさまの前に膝間付く男性が先ほどのモザイクと同じ登場人物なので関連があるのではないかと思います。

RIMG2423.jpg
「マリアの受胎告知」
いよいよヨセフと知り合ってからのエピソードです。
実はこのエピソードの前に左下にある「ヨセフ、マリアを家に連れていく」シーンがあります。
マリアさま、井戸で天使からイエスが胎内に宿ったことを告げられます。

RIMG2422.jpg
「Joseph taking leave of the Virgin」
大変なことが起こりました。ヨセフがマリアの懐妊に怒って別れを告げた模様です!
ここのタイトル、あえて英語のまま載せてみました。素直に訳すと「ヨセフ、聖女に別れを告げる」です。なのですが、あまりにもあんまりな話なので、信じられなくって。なにか他の訳し方あるのでしょうか?
最終的にヨセフはマリアを許して受け入れていますが、ここに至るまでにかなりの葛藤があったはずです。
「無原罪の御宿り」当事者にとってはとても大変な出来事だった様子が、生々しく再現されています。

さてイエスを身籠ったマリアと夫ヨセフの物語、話はいよいよキリストの誕生へと突入していきます。
続きは次回をお楽しみに。

隅っこあたりが面白いビザンチンの教会

karie - 1
カーリエ博物館のモザイク群 イスタンブール トルコ

またもやイスタンブールの教会の紹介です。
教会といっても厳密にいえばかつての教会。一度イスラム寺院に改装、そして復元され今はミュージアムとなったカーリエ博物館です。

私が訪ねた頃は改修中でした。

karie - 24

このため一部見られない箇所があったのですが、モザイクのあるナルテクス(前室)やフレスコ画のあるパレクリシオン(小礼拝堂)は全て問題なくみられました。

建物に入ると全能者キリストが私たちを出迎えてくれます。(トップ画像参照で)
今私たちが立っている場所は外ナルテクス。このまま奥の方に進むと内ナルテクスです。この教会は前室が二つある構造になっているのです。
そのまま左を向くと外ナルテクスの全体像が見えます。

karie - 2

パッと全体を見たときに思ったのは、バックの金色エリアが少なくて賑やかだなあと。
ビザンチンってもっと整然としたものだと思っていました。見るときにはちょっと背筋を伸ばして真面目に見る感じ。

でもここはなんだかとっても楽しいのです。
お約束のテーマに合った絵柄はあるようですが、その周りの小さな場所でこまこま、コソコソ遊び心たっぷりです。
その絵柄も立体的で写実的で動きがあって、思わずクスっと笑ってしまう場所もあったり。

karie - 14
もはや神の教えとどう関係があるのかわからない絵柄

karie - 19
聖人二人なのによこしまな目で見てしまいそう


現存のモザイクは1316年から1321年にかけて増改築が行われた頃に作られました。時期的にはアヤソフィアのデイシスが作られた時期とほぼ同じか少し後くらい。コンスタンティノープルを奪回し、東ローマ帝国を復興させた時期です。

この時期東ローマ帝国は周辺のオスマン帝国などに押されて政治経済は衰退の一途でした。
栄光を奪われ、周りの国に押され、かつての帝国が小国へと成り下がりそうなその時期に、人々の関心が向いたのは、華やだった時期のローマ文化の源流、ギリシアでした。古代ギリシアの研究が盛んに行われ、教会美術に大きな影響をもたらしました。
そう、まさにビザンチン版のルネッサンスが起こったのです。

ろうそくの火が消えゆく間際の一瞬だけ輝きを見せるように、東ローマ帝国は衰退のさなか、文化芸術面で最後のきらめきを放ったのです。(すみません、思い入れが入りすぎて演出がすぎた文になってしまったかも)

型にとらわれない躍動感のある絵柄の裏にはそんな背景があったようです。

ここは大作や見所が豊富で、モザイクファンとしては気負って見てしまいそうになると思うのですが(実のところ私も撮りこぼしを恐れるあまりカメラを抱えて必死だったです)、すこーし肩の力を抜いて隅っこを堪能して欲しいなと思います。



karie - 8

karie - 21
生々しすぎて怖くなるシーンもあります


大きいところは次回以降をお楽しみに




ビザンチンの総本山 アヤソフィアその4

aya - 12
アヤソフィアのモザイク群 イスタンブール トルコ

場所は変わって聖堂の右側から左側へ移動してきました。

aya - 11

後陣の半ドーム型の天井部分に天使の姿が見えます。

aya - 13
大天使ガブリエル 870年代?

後陣の聖母子増と同時代のものだそうです。大変麗しいお姿です。
聖母子像の異様な小顔ぶりから比較するとまともなバランス、9頭身ぐらいでしょうか。
左手には球状のもの(宝珠?)右手には長い棒状の物(杖?槍?)を携えています。
この持ち物のせいで、一見ミカエルっぽく思えてしまい、私自身混乱しているのですが、ガブリエルとして紹介しているものがほとんどなのでそうなのでしょう。顔立ちが女性的な感じですし。
アトリビュートとかもっと後の時代で作られたルールなんでしょうね。

アヤソフィアには9世紀から13世紀と様々な時代のビザンチンモザイクが一気に見られるのですが、なぜか9世紀の聖母子や大天使ガブリエルが一番新しい感じの絵柄にみえてしまうという不思議さ。
こういうのポスターであったら飾ってもいいかな。

これで大物は一通り見たはず、出口に向かって順路を進みます。
とはいえやっぱり天井の方、ところどころキラキラしていて気になります。

aya - 14

そしてさらに気になるものがありました。

aya - 15

十字架を隠すように施されたモチーフ、これはいったいどういう現象なのでしょう?
モザイクなら剥がして作り変えれるはずですが、うーむ。

出口間際のところ、前方の視界にモザイクが入ってきました。
よく見ると鏡に映っています。
「後方にありますよ、忘れずに見てください!」ってところでしょうか。

aya - 17

aya - 16

作品は最初の頃にご紹介した「聖母子、ユスティニアヌス1世とコンスタンティヌス1世」です。

RIMG2290.jpg

これでアヤソフィアはおしまいです。

お疲れ様でした。
最後にこの子で癒されてください。

RIMG2287.jpg


ビザンチンの総本山 アヤソフィアその3

aya - 10
アヤソフィアのモザイク群 イスタンブール トルコ

前回に引き続き皇帝の私室の中です。デイシスを見てそのまま奥に進むと次のモザイクが見えてきました。

RIMG2221.jpg

外からの光が強いため肝心のモザイクが暗くて見づらいですが、窓を挟んで2組の皇帝夫妻がモザイクで描かれています。
皇帝の即位順に見ていきましょう。まずは左側です。

aya - 3
キリストと皇帝コンスタンティノス9世・ゾエ夫妻(1042年から1055年頃)

なかなかコミカルな表情のキリストです。
皇后ゾエが気になるのでしょうか? 視線がそちらに向いています。

aya - 4

見れば見るほど色々とツッコミを入れたくなるパーツがいっぱいです。主に顔近辺に。
なぜそこを縁取った? とか なぜそこの線を繋げちゃったのか? とか
陰影をつけているのになぜか立体的に見えてこない残念感とか
唐突に生えているように見える指とか、、、、
こんなにツッコミ待ちの状態のキリスト、そうそういないですよ。
でもいろいろ構って見てるうちに、このキリスト様大好きになってしまいました。
疲れているときに見ると癒されそうな気がします。

aya - 6

皇后ゾエ、50歳で初めて嫁ぎその後2回も再婚したそうです。
最初は政略結婚でかなり年上のロマノス3世、次は年下のイケメンミカエル4世。彼の病没後にもう一度コンスタンティノス9世と。
ゾエの顔は若々しく少女のような表情です。
こちらも単純な線を用いてますが、絵の上手な人がサラサラっと描いたような綺麗な顔です。

よく見ると顔の周り全体に一度剥がしたような痕跡があり、周りとの色やタッチの違いから明らかに顔を作り変えた様子が伺えます。
おそらく最初は正面を向いていたと思われます。
後世のの修復?とも思ったのですが、キリストのお顔と同時代っぽいし、キリスト<皇后 なお顔のクオリティなので、皇后が生きていた時代の作り直しもあり得えそうです。(皇后自身のゴリ押しがあったと勝手な想像してます)

aya - 5

皇帝コンスタンティノス9世です。こちらも顔部分の不自然な感じは否めません。
でも皇帝の顔の場合、明らかな理由がありますよね。皇后の再婚です。その度に作り直したというのが通説らしいです。
顔に使われているテッセラの色合いや、特徴的なまぶたの描き方が前者2人と似ています。
本来なら皇帝の顔だけ作り変えても良かったのでしょうが、あまりにもテイストが違いすぎるので、2人の顔も作り変える羽目になった、、、かもしれません。
顔だけではなく左上の碑文も書き換えの跡がはっきりとわかります。

皇帝から見たら顔の謎は早くに解けたのでしょうが、コミカルキリスト様に翻弄されてしまいました。

こちらの作品の制作時期は最終形態が仕上がった時期ということで、コンスタンティノス9世の在位期間に一致してますが、通説通りなら手に金袋を持っている体はロマノス3世で、彼がこのモザイクを寄進したことになります。
つまり大部分はロマノス3世の在位期間である1028年 - 1034年に作られていると思われます。


右側の作品に移りましょう。

aya - 7
聖母子と皇帝ヨハネス2世コムネノス夫妻(1122年から1134年頃)

この作品実はこんな風に↓紹介したほうがいいと思うんです。

aya - 2

そう、実は隣にもう一人、長男のアレクシオスがいるんです。

この部屋の入口は右の方にあり、入口に近い所から見ると最初の写真のようなフォーマルな皇帝夫妻像しか見えません。皇子の姿は右側の柱の陰に隠れてしまいます。
でも奥まで入れる人は特別に、家族写真のような絵を見ることが出来るのです。ちょっとした視覚の仕掛けですね。

aya - 1

アレクシオスは肌の色艶が良く健康的、目元がハッキリして利発そうに見えます。

aya - 8

ヨハネス2世コムネノスは「カロヨハネス(心美しきヨハネス)」と讃えられ、歴代の東ローマ皇帝の中でも屈指の名君であると評価されるほどの、素晴らしい方だったようです。
このモザイク作品から受ける印象でも、既に左側にあった作品と調和が取れるように構図を踏襲していることや、お顔の表現も聖母子を一番にしているところなど、抑制的で理性的なセンスがあったように思えます。その上、ちょっとした仕掛けを楽しむ遊び心もあって、いい上司だろうなと想像します。

アレクシオスももしかすると優秀な期待の長男だったのかもしれません。しかし残念なことにヨハネス2世が皇位を譲る前に他界してしまいました。

こちらはコンスタンティノープルに残る唯一の12世紀のモザイク画なのだそうです。

今回はこのまま最後まで書くつもりでしたが、思いの外あれこれと書きすぎて長くなってしまいました。
残りは短めですが、次回にします。

ビザンチンの総本山 アヤソフィアその1

aya1 - 34
アヤソフィアのモザイク群 イスタンブール トルコ

今回はいよいよアヤソフィアに入っていきます。

aya3 - 1 aya1 - 3

入り口に平面図があったので条件反射で写真を撮ってしまいました。
ブログのときに役に立つかなと思ったのですが、モザイクのモの字もなく拍子抜け。
でもこの説明を見ていると、イスラム寺院としてのアヤソフィアがどんな風だったのかが見えてくるようです。

聖堂周りの敷地にはスルタンのお墓がいくつもあります。また神学校や厨房棟もありアヤソフィアを本山とした宗教施設の集合体のようになってました。
スルタンたちは宗教上の理由から聖堂のモザイクを漆喰で塗りつぶしてしまいましたが、躯体はあまり手を加えてないように見え、この建築物を大切に大切に守ってくれたように思えるのです。

入ってまず気になったのがナルテクス(前室)の天井です。ただ漆喰にペイントされていると思ったらよく見るとなにやらキラキラと輝く箇所があります。近づくとなんとモザイクで飾られてました!これがオリジナルの状態でしょう。調べたところユスティニアヌス時代のものだったようです。

aya1 - 20 aya1 - 21

そして早速モザイク発見です。ナルテクス(前室)から本堂に入る入口の上にありました。

aya1 - 14
キリストと皇帝(10世紀)

キリストに向かって跪く皇帝の姿を描いてますが、こちらの皇帝が誰かは定かでありません。
中央のキリストは左手に聖書を持ち、そこには「汝に平和あれ。私は聖なる月」と書いてあります。

aya1 - 12 aya1 - 13

左のメダリオンに描かれているのは聖母マリア、右側は大天使ガブリエルです。

aya1 - 10 aya1 - 8

さてメインの空間です。
本当なら身廊と呼んだらいいのでしょうか? 正教会の空間の名称がよくわからず表記が迷走しています。
入ってみてびっくりしました。とにかく空間が大きい!の一言です。変な話ドームだけの大きさで言えばもっと大きいものは他にもあるはずですが(パンテオンとか)圧倒されたのは空間の高さでした。
聖母子像は遥か彼方で私たちを見下ろしているようです。

aya1 - 23

ベタだけどキリスト教とイスラム教の共演の構図で一つ。聖母子像とアッラーと記されたカリグラフィーです。
不思議ですが聖母子像はより遠く、カリグラフィーは妙に低く感じました。
ナルテクスと同じようにドームやアプスの天井部分がモザイクとペイントでまだらになってます。ここもかつては全部キラキラだったのでしょう。

aya1 - 29

カリグラフィーが出てきたところで、モスクだった形跡をいくつかご紹介します。
聖母子像から少し右にずれた下のところにくぼみがあります。イスラム寺院の特徴であるメッカの方向を示すミフラーブです。そして右手の方にある階段のようなものは説教壇のミンバルです。

aya1 - 36 aya1 - 35

中央にある大ドームのサイズは高さは約55m、直径は33m、実は楕円なのだそうです。
こちらはかなりの面積がキラキラしている模様。ここからでは見づらいので2階に上がってからゆっくりと見ましょう。
ドーム下の四隅のペンデンティブには羽で全身覆われた不思議な姿のものがいます。天使ゼラフィムです。

aya1 - 37

モザイクは全般的にあまりに遠いので早速2階へと上がります。

aya1 - 40

2階の廊下、ここまでくるといろんな装飾がすぐそばで見られます。
やっぱり思った通り随所でモザイクが見つかりました。
柱頭の彫刻も必見です。アカンサスの葉で装飾された中にユスティニアヌスのモノグラムが刻まれているそうです(気になる方はクリックで拡大)
3つのアーチの下にもアカンサスの葉のモチーフのモザイクがあります。

aya1 - 59 aya1 - 60

そして改めて聖堂の広さを再確認です。
聖母子像は高さ5mほどもあるかなり大きなものですが、全体でみるとこんなにも小さく感じます。

aya1 - 42 aya1 - 66

ここでちょっと順路を飛ばして聖母子像のアップです。
窓から朝日が差し込むため、どうしても下からの撮影は思い通りの色で撮れませんでした。

aya2 - 10
聖母子像 870年代?

改めてじっくりと見た聖母子像は、体が大きいというべきか小顔すぎるというか、人間離れした体格をしてます。
聖母マリアの衣装はしっとりと深い紺色、幼いキリストは金髪に金色の衣装とどこまでも神々しいです。
肌の色も滑らかでツヤツヤで絵画のよう。技術を感じます。

こちらのモザイクがアヤソフィアの中で最古のモザイクなのだとか。
9世紀で最古とは私には不思議でしょうがなかったのですが、歴史の得意な方ならご存知ですよね。

ビザンチン帝国では8〜9世紀にかけて聖像破壊運動「イコノクラスム」という運動がありました。レオン3世と息子のコンスタンティノス5世の治世において文字通り聖像などを破壊し、また擁護派を弾圧していた時代があったのです。レオン3世は730年の勅令でコンスタンティノープル総主教をイコン破壊派に切り換えたため、東ローマが破壊派、西ローマが擁護派となり東西両教会分離の遠因となりました。

悲しいかな、モザイクの運命は東と西で大違い。
ビザンチン帝国ではそれ以前のモザイクはほとんど残らなかったのに対し、ラヴェンナやポレチュはイコノクラスムの影響から逃れ、今でもその姿を見ることができるのです。

多分学生時代に習ったと思うのですが、完全に記憶の彼方でした。
モザイクを通して知ると、なんとも生々しい出来事だったのですね。

次回はまた順路に戻って続きをご紹介します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。