FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

神話の島で見つけたモザイク

crete1-4.jpg

Hersonissosの古代ローマモザイク クレタ島 ギリシア

多分子供の頃に見たテレビとか歌のイメージかもしれません。もしかしたらギリシア神話の絵本かも。
クレタ島、、、この言葉だけでなんだかぞわぞわくるんです。碧い海と空、乾いたベージュ色の大地、そしてクノッソス宮殿、ラビリンスとミノタウロスの伝説。
ギリシアのロマンがギュッと詰まった神話の島というイメージがあります。

真っ先に行ったのはクノッソス宮殿
ミノア文明の遺跡です。4000年前のものだからモザイク関係ないですけど
カラフルに復元(?それ以上のことをしてるような気がするけど)された遺跡はビジュアルで語りかけてくれるので単純に楽しいです。炎天下暑いしゆっくりですけど、足を止めるわけにはいかない感じ。

crete2-7.jpg crete2-5.jpg

crete2-6.jpg RIMG0141.jpg

crete2-8.jpg crete2-9.jpg

クノッソス宮殿を見たならイラクリオンの博物館で出土品のチェックです。
まあギリシアだしミノアだしモザイク関係ないし(←しつこい)写真だけー

crete0-1.jpg crete2-2.jpg

crete2-3.jpg crete2-4.jpg

と思っていたのに博物館の一画にモザイクがありました!

crete1-1.jpg

crete1-5.jpg

crete1-6.jpg

クレタ島にローマ??不思議に思いながら説明文を読みます。(興味のある方は拡大してどうぞ)
crete1-3.jpg

どうもChersonisosというところから出土したようです。Hersonissosともいいます。古代の都市名はChersonisosと書くようですが、後者の表記の方がうまく情報がヒットするようなのでタイトルはこちらを使いました。
場所は島の北の海岸沿い。イラクリオンから25Kmほど東にあります。クノッソス宮殿をさらに超えたところです。
ローマ時代、クレタ島はリビア沿岸部と共に一つの属州を構成していたようですが、その州の中でも重要な町であったようです。

町について調べてみると興味深いものを見つけました。
Hersonissos_Antique_fountain.jpg
(ソース:https://commons.wikimedia.org/wiki/File/Hersonissos_Antique_fountain.JPG)

古代ローマ時代の噴水、表面がモザイクで覆われています。
公共施設にモザイク、珍しいなあと思いました。

エーゲ海とモザイクと8

kos - 10

コス島のモザイク群 コス島 ギリシア

ただいまコス島に向かう船の中です。
ロードス島の騎士団長の館で見たモザイクたちのほとんどがコス島から来たものでした。コス島ってどんなとこ?まだ他にもモザイクが残っているのかも。そんな好奇心から行ってみることにしました。

kos - 1 kos - 2

kos - 3

港でまず目に付いたのは聖ヨハネ騎士団の城。ロードス島のが本拠地でこちらは出城のような役目だったそう。ここにいた騎士達がモザイクを物色して積み出してたのでしょうか?
まずはカサ・ロマーナへ向かいます。

kos - 4 kos - 5

kos - 6 kos - 7
9月半ばの午前10時。今日も暑くなりそうです。

カサ・ロマーナは遺跡というよりも再現された建築物って感じです。展示もいろいろ工夫されており、予算かけてるなーと感じました。モザイクは3世紀のもの、状態の良いものはコス博物館にあるらしく残っているものはまあまあ。写真を見るとわかると思いますがいろいろと見づらいです。が、ペリスタイルの中庭に当たる強烈な日差しと屋内の涼やかさ、当時の人と同じ気分になって見るのも一興です。

kos - 8 kos - 9 

kos - 12 kos - 16

モザイクは魚やイルカなど海をモチーフにした作品が多くありました。海馬に乗るネレイドも再び登場です。このエリアでは定番のモチーフなのかも。海の守護神的な役割でもあるのでしょうか?
またロードス島の虎の間のモザイクにそっくりでしかも本当の虎のモザイクもありました。

kos - 11 kos - 13
kos - 18 kos - 22 

次は西遺跡です。名前からしてやる気のない感じですが、順路も看板もなくありのままの自然体で放置されている遺跡でした。(そう見えました)カサ・ロマーナとはまるで両極端!これではモザイクを探すのも大変ですが、大物は敷地の端と端、保護用の屋根が目印になりました。

kos - 29
kos - 28

ゴロゴロ転がった遺跡を眺めつつ移動します。かなり広さあります。
kos - 32 kos - 33

こちらはかなり持ち運ばれちゃっています。
kos - 34

残っているものを見ると、石のツブツブが小さくて色使いも繊細でクオリティが高いです。
kos - 35 kos - 37
kos - 44 kos - 46
kos - 50 kos - 53

コス島は医療と治癒の神アスクレピオスの聖地で、また西洋医学の父ヒポクラテスの生誕の地でもあります。郊外の遺跡へかわいい電車に乗って出発!
遺跡の入口は緑が生い茂る涼やかなところです。昔は水源が豊かだったそうで、遺跡全体に水音が響く癒しの空間だったのでしょう。

kos - 64 kos - 59

遺跡は3層のテラスになっていて大変ひろびろとしています。むしろちょっとひろびろしすぎ!(笑)
最上段に登るとコスの町がそしてエーゲ海の向こうにトルコの大地が見えました。

kos - 60 kos - 61

アスクレピオスを説明するパネルにモザイク発見。
このモザイクはカサ・ロマーナにあったもので現在はコス博物館にあると書いてます。船で到着するアスクレピオスをヒポクラテスが歓迎しているところです。コス博物館に行かなくちゃ。

kos - 62

なのに考古学博物館はこんなことになってました、、、(涙)

kos - 56 kos - 57
工事のため閉館中

残念な顛末で後味悪いところですが、このエーゲ海シリーズはここで終わりです。
ボドルムに戻ったら美味しい魚とワインで心を癒そうかな。

kos - 67


エーゲ海とモザイクと7

Rhodos - 42
騎士団長の館のモザイク群 ロードス島 ギリシア

ロードスタウンに戻ってきました。
いかにも中世!って感じの石造りの城壁をくぐって入ると、違う世界にタイムスリップしたようです。
Rhodos - 1 Rhodos - 3
Rhodos - 4 Rhodos - 5

Rhodos - 2
あら、ここにも小石モザイクあるんですねー

それにしてもにぎやかです。観光客もいっぱい。タイムスリップじゃなくてテーマパークっぽいかな。
でもよ〜く見てみると中世の世界にもトルコっぽところあります。道の奥にスレイマン・モスクの尖塔が見えますし、2階に張り出した茶色の出窓もなんとなくそれっぽい。

Rhodos - 6

にぎやかな道をたどっていくうちに、騎士団長の家にたどり着きました。中庭が広々としています。

Rhodos - 7 Rhodos - 9

建物の中を目指してまっしぐらに進みます。

Rhodos - 10

第1の部屋、トロフィーの間に入ったとたんに完全に視点が床方向にロックオンしてしまいました。1つの部屋にこんなにたくさんのモザイクがあるとは、、、

Rhodos - 11
Rhodos - 16
Rhodos - 15
Rhodos - 14
この模様、騎士団の紋章にそっくりです。でもここのモザイクはコス島から持ってきたもので、初期キリスト教の時代のもの。偶然の一致なんですよね。

ふと我に帰り部屋を見渡すと、壁の一角に不思議な浮き彫り模様。文字が書いてあるのでしょうか?
Rhodos - 22

お次の部屋はラオコーンの間。バチカン博物館にあるあのラオコーン像のレプリカが据えられてます。
Rhodos - 23

モザイクは幾何学模様が多いです。でも石の色合いが目新しい感じ。
Rhodos - 25
Rhodos - 27
Rhodos - 28

メドゥーサの間にあるメドゥーサのモザイク
Rhodos - 29

虎の間
Rhodos - 30

でもこれは虎じゃなくて豹です、よね? 縁模様がなかなか素敵
Rhodos - 35
Rhodos - 36
Rhodos - 34

でもこちらの縁模様はもっと素敵。ぐるぐるとハートのリーフ。かわいいです。
Rhodos - 33

この部屋はちょっと暗い
Rhodos - 38

本当はカラフルでかわいいモザイクなのです。
Rhodos - 39

列柱の間の精緻な幾何学模様のモザイクのモチーフに感動。隅にいるハトさんがポイント。
Rhodos - 40
Rhodos - 45

ヒッポカンポスとニンフの間です。ヒッポカンポスに乗っているこの女性はネレイドでしょうか? 
卍模様をモチーフにした白黒模様がなかなか面白いです。
Rhodos - 56
Rhodos - 55

黒い木の家具との取り合わせも絶妙な感じ
聖杯モチーフが多用されてます。定番のモチーフなのでしょうか?ここまでご紹介したモザイクにも使われてます。
Rhodos - 59

騎士団長の館の写真、今回も多数となりましたが、まだまだ素敵なモザイクがあります。
モザイクを巡る旅のアルバムバージョンに色合いが良くて素敵な写真がいっぱいあるので、ぜひこちらも楽しんでください。

美しい騎士団通りを通りながら帰り道を急ぎます。
Rhodos - 70 Rhodos - 72

港にも中世の名残が、、、
Rhodos - 76 Rhodos - 77
Rhodos - 75

では船に乗ってボドルムに戻りましょう。

エーゲ海とモザイクと6

lindos - 18

リンドス村の小石モザイク ロードス島 ギリシア

船でロードス島にやってきました。最初に向かったのはロードスタウンではなくリンドス村。
路線バスもあるようなのですが、時間の都合でレンタカーを借りました。車で1時間強ぐらいです。

lindos - 49

リンドス村の遠景、トルコ本土とそれほど離れていないのにギリシアの村!って感じです。
小さな村ですが建設されたのはなんと紀元前10世紀。丘の上のアクロポリスにはサモトラケのニケゆかりの彫刻があったりして、考古学ファンも楽しめます。しかもそこからの景色は絶景!

lindos - 39
上にあるのがアクロポリス

なのですが、こんな写真でお茶を濁しちゃったりして、、、

実は今回の目的はこちらの村そのもの。白い壁に細い路地といかにもギリシア!って感じの町並みなのですが、なぜかここには小石モザイクの舗装があちこちにあるんです。エーゲ海の島では時々見かけますが、ここはちょっと手の込んだものがそこらじゅうに次々と見つかって楽しいこと楽しいこと。
フォトジェニックな景色も多いしモザイクも多いしであまりの忙しさに頭がはちきれそうです!

lindos - 28 lindos - 25
lindos - 47 lindos - 43

村で見つけた小石モザイクたちのごく一部を
lindos - 8 lindos - 6
lindos - 5 lindos - 23
lindos - 3 lindos - 19
lindos - 27 lindos - 30
lindos - 31 lindos - 33
lindos - 46 lindos - 34
の、載せすぎでしょうか(汗)
でもモザイクが町並みにすんなりと溶け込んでいる様子が嬉しかったんです。美しくないですか?

村をさまよっていると教会らしき建物が見えてきました。
lindos0 - 1

観光客がよく出入りするのでちょっとお邪魔しまーす。中庭にも小石モザイクがあります。

lindos - 10

教会の中に入ります。ギザギザシマシマの全面モザイクの床が目に入ります。
教会の床、妙に踏み心地がいいです。板張りの廊下から畳の部屋に入ったようなふわっとした感じと言えばいいでしょうか。石畳の道をガシガシ歩いた足には癒される刺激です。思わずゆっくりと足を止めて腰を落ち着けたくなります。裸足になって歩いたら足つぼにいいかも!なんて不謹慎なことも考えてしまいました。

lindos - 11

足元ばっかり気にして見てましたが、よく見たらこの教会めちゃくちゃ素敵なところです。もしかして結構古い教会だったりして。

lindos - 14
lindos - 15
lindos - 13
lindos - 16

手持ちのガイドブックには説明がなかったので写真を適当に。
後で調べたところここはChurch of Panagia、パナギア教会と訳せばいいのでしょうか?パナギアは正教会における聖マリアの称号らしいので聖マリア教会とか?? 最初に建てられたのは1300年ごろ。もし興味があるのならばこちらの英語のページをどうぞ。

そうそうリンドスは村全体がギリシア政府によって考古学遺跡の指定を受けているのだそうです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。