FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

エーゲ海とモザイクと(ちょっと番外編)

maria - 3

聖母マリアの家 エフェス トルコ

今回の記事にはなんとモザイクが出てきません。
なのですが、教会のきらきらモザイクでよく用いられるテーマ「聖母被昇天」に纏わる場所に行ってきたので、ご紹介しようと思います。
そこはエフェスの南にある「聖母マリアの家
マリア様、トルコまでいらっしゃっていたのですね。

初期キリスト教の歴史によれば、イエス様が十字架上で弟子のヨハネにマリア様を託したのだそうです。イエスの死後ヨハネは危険なエルサレムを抜け出して、ここトルコのエフェスまでやってきました。マリア様はここで101歳まで長生きをされたのだそうです。

maria - 1

終の住処はエフェスの郊外の緑豊かな場所にありました。都会を離れ、人目を避けてひっそりと暮らしていたようです。
今は世界各地からひっきりなしに観光客や巡礼者が訪れていて、賑やかです。知らなかったのですがマリア様はイスラム教徒にとっても聖人で、彼らにとってもここは聖地なのだそうです。

マリアの家はすごくこじんまりとしていて、今は礼拝堂になっています。中には熱心にお祈りをする信者もいたりして、密やかな感じがしました。

mariahouse - 1
実はこの時カメラ?メモリーカード?の不具合で写真の一部が飛んでました。なので肝心の家の写真は手元になくて、、、この写真は仕方なくこちらのサイトから拝借いたしました。

家から階段を降りたところにマリア様も使っていたという水源があり、今では万病に効く聖水として知られています。
一応わたしもトライ。聖水?それとも生水?吉と出るか凶と出るか、葛藤の上で恐る恐る一口。こんな飲み方じゃ効力も知れたものです。まあ、体調を崩さずに旅ができたということはそれなりに効果はあったのかも。

maria - 8

そしてそのお隣には神社のおみくじのように紙がびっしりと結びつけられている場所がありました。
その紙のほとんどがティッシュペーパー。うんうん、こっちのは丈夫だから書きやすいし結びやすいものね。
って言ってもね、日本人的感覚では御利益を授かる気がしなくて、やっぱりこちらの方式でやってきました。

maria - 14
maria - 17

ちなみにエフェス近辺は興味深い聖なるスポットが他にもあります。マリア様とともに亡命してきた聖ヨハネの亡くなった場所に建てられた聖ヨハネ教会。またマヤ暦による2012年12月21日に世界は終末を迎えるが、影響を受けないという予言をうけたシリンジェ村。モザイク、ほとんど関係ないですけど。聖ヨハネ教会(跡地)はビザンチン皇帝ユスティニアヌスと皇后テオドラによるもので、建築様式もイスタンブールのハギアソフィア大聖堂に似ていたので、もしかしたらあったのかもしれませんが、現存するものはごくわずかの床モザイクだけでした。

Johane - 1
Johane - 2sirije - 1

さてマリア様もおそらく目にしたと思われるエフェスはどんなところだったのでしょう? 2016年はエフェスからお届けしたいと思います。

ここもですか?

mosaicmuseum - 2

モザイク博物館 イスタンブール トルコ

臨時ニュースです! 今回はエーゲ海シリーズをお休みしてこちらを報告したいと思います。

私の元に残念なお知らせが飛び込んできました。トルコではただでさえ貴重なモザイクスポットが減っている(危険地域にあって行けない)この状況で、さらにもう一つ閉館のお知らせです。まずはその記事をご紹介しましょう。

●1500 年前のビサンティン帝国時代のモザイクを修繕
ビサンティン帝国時代の遺跡であるコンスタンティノー プル大宮殿の床下から 1932 年に発見されたモザイクが、 イスタンブール修繕センター研究所の専門家によって修理される。5-6 世紀に作られたモザイクは、スルタンアフ メット・モスクの複合施設であるアラスタ・バザール内の 博物館で展示されているが、修繕の間、同博物館は閉館される予定。この博物館は 1987 年に開館し、年間 10 万人に近い観光客が訪問している。(11 月 25 日付 Haberturk 紙 20 面) 在イスタンブール総領事館 Istanbul Weeklyより



いつからか?とか期間とか分からないのですが、私の語学力ではここまでが限界です!
トルコで大理石モザイクを見られる場所、他にあったでしょうか? 遺跡や地方の博物館でちょこちょことはありますけど、それなりの規模のものは思い当たらず少なからずショックを受けました。
貴重なモザイク関連本が購入できるスポットも一つ失いました、、、
修復活動と観光活動とは連動するわけがないのは重々承知の上ですが、あえて言うならば、
なんでこの時期に閉鎖を決めちゃったの〜〜!

まあね、私はなんとかギリギリセーフで見ることができたのでいいんですけど。
でもこのラッキーを独り占めしているとバチがあたりそうなので早々に公開しちゃいます。



ここのモザイクには様々な動物たちが登場するのですが、私がほぉ!と思ったのはこれ。

mosaicmuseum - 1

虎です。
さすが東ローマ帝国、「東」っぽいなあと思いました。


該当の記事は見つかりませんでした。