FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

中世の町で現代モザイクの父に出会う

cortona20.jpg

ジーノ・セヴェリーニ作 サン・マルコ教会のモザイク コルトーナ イタリア

コルトーナはアレッツォの近く、トスカーナとウンブリアの州境にある高台の町です。小さな規模の町ですが観光地化されすぎず素朴で雰囲気満点のまちなみで私にとって印象深い町の一つです。
車でアクセスすると町の玄関に当たるガリバルディ広場に到着します。早速広場から素晴らしい眺め堪能し、近くでお疲れ様のビールで一杯。

cortona02.jpg cortona01.jpg

私が訪ねたのは6月の初旬。偶然にもその日は年に一度のお祭りの日だったようで町全体がどことなく華やいだ雰囲気です。
夜になると民族衣装を身に纏った住民たちの行列が現れ、寸劇&パフォーマンスが始まりました。

cortona06.jpg cortona08.jpg

旗振り
GIF動画ファイルです。動かない時はクリックしてみてください。

翌朝、観光開始です。まずは中心部にあたる共和国広場へ。目の前にある高い塔の建物は市庁舎です。

cortona04.jpg cortona05.jpg
cortona18.jpg cortona14.jpg

中世という言葉がぴったりの壁の石の風合い。気分が盛り上がります。
ガイドブックに中世の街並みが残ると書いてあったのでジャンネッリ通りも行ってみました。木の片持ちばりと方杖で支えられ張り出した上層階が特徴らしいです。が、長い歳月を頑張ってきた木が悲鳴を上げているようにも見え、ちょっとかわいそう。

cortona17.jpg

コルトーナの町はエトルリアに起源を発します。かの時代にはかなり重要な町だったようです。
ということは忘れてはいけません、考古学博物館。エトルリア・アカデミー博物館 に行ってみましょう。
博物館の中はこんな小さな町にもかかわらず(失礼)規模もそこそこありモダンでおしゃれな展示でした。目玉となる展示物はコルトーナの至宝と言われる「ブロンズの大燭台」。これは一見の価値ありです。古代ローマのモザイクも幾つか展示されていました。

cortona12.jpg cortona09.jpg

cortona10.jpg cortona11.jpg

博物館で思いの外、時間がかかってしまいました。旧市街から一旦ガリバルディ広場に戻り高台に向かいます。町一番のパノラマスポット、サンタ・マルゲリータ広場を目指すのです。きつめの坂道をえっちらおっちら。すると左手に現代アート風のモザイクが目に入ってきました。

cortona19.jpg

小ぶりな教会には不似合いな異質な感じがします。最近作られたものかな?
そのまま急な坂道を歩き続けているうちに右手が開け、眼下にはトスカーナの大地が見えてきました。そして道端にはところどころに三角屋根の祠のようなものがあります。中にあるのはやはり新しい感じのモザイク画。

cortona21.jpg

cortona22.jpg

cortona23.jpg

cortona24.jpg

これはガイドブックに説明がありました。
このサンタ・マルゲリータ通り沿いにある12箇所のニッチにはジーノ・セヴェリーニによる「聖なる道」のモザイクがある、と。
確かにイエスの十字架の道行きのシーンが描かれてます。

そして偶然知ることになったモザイク作家、いったいどんな方だろうと調べてみました。
コルトーナの出身でモザイクのみならず画家としてもかなり有名な方だったようです。未来派のメンバーだったとか。パリ帰りの画家の影響を受け色彩分割(ディヴィジョニズム、点描主義)の技法を知ったということです。点描からモザイクへと発展させたんでしょうか。最初見た作品もやはり彼の手によるものでした。
また、とある英語のサイトにはThe Father of Modern Mosaicとの記述がありました。現代モザイクの父とは、、、図らずも貴重な作品たちに出会うことができました。
そして残念なことに、先ほど訪ねたエトルリア・アカデミー博物館 には彼の作品(絵画)もあったようですが気づかずにスルーしていました。不勉強だから仕方ないですね、これは。

ところで目的地であるはずだったサンタ・マルゲリータ広場、あまりの坂道とモザイクをたくさん見れた満足感でそのまま引き返してしまいました。

皆様はもっとスマートな旅ができますように。

バチカンモザイク工房にやどる神の手たち(寄稿)

近藤さんのレポートに続きまして、私も昔の写真を、そしてあの時の興奮を思い出しました!
2010年(もうそんなに経っていたとはびっくり!)バチカンモザイク工房の見学に行かせていただきました。

工房の中は静謐な空気に満たされていて、数人のモザイク職人の方達が
黙々とそれぞれの作品の作業をされていました。
職人さんの中には、美術学校を出た聖職者の方もいらっしゃって、なるほど
この醸し出す空気感はそんな作り手の雰囲気も影響しているかもしれません。
いえいえ、この工房の雰囲気そのものが『神』の代理人そのもの。
本当に素敵な空間でした。

P1100702.jpeg

受け継がれる技術:『モザイコ・フィラート』
こちらで制作される作品の多くは、モザイクでありながらまるで絵画そのもののような細かいピースのモザイク。
素材となるのは『フィラート』というイタリア語で『フィロ:糸』のように細く引っ張ったガラスの断面を
ひとつひとつのピースとして制作します。
細かな筆のタッチから、複雑に混ぜあわせられた絵の具の色まで、糸のように細かいガラスで制作していく、
気の遠くなるような作業です。
職人達は、自ら、制作するモザイクの色彩に合わせて素材となる『フィラート』をつくります。
絵の具の混ぜるように、ガラスを混ぜ合わせ、バーナーで溶かして、熱いうちに引っ張るという作業。
これも実演してみせていただきましたが・・・う〜ンなかなか難しそう。
いい素材となる色、そしてのばしたときに自らが欲する美しい色の断面を作るのも職人技です。

P1100699.jpeg

P1100711.jpeg
P1100701.jpeg

興奮のあまり、写真がボケてますが、制作風景です。
小さなセクションごとに、粘土のような生地(こちらもバチカンに古くから伝わる伝統のものです)をのせ、
その上に細かなピースで絵を描いていきます。

腕のいい職人とは?
やはり 色彩感覚が優れた人 とのことでした。
これだけの複雑な色彩の絵画を再現することができるのは、どれだけの色を見分ける力があるか、
も影響しているとおもいました。

『受け継がれる 素材・色』
工房の中で圧倒されたのは、数百年の歴史の中で育まれ、大切に保管されてきた素材の膨大な量、
そしてもう現在では再現不可能といわれている『色彩』が今もここで生かされているということでした。

P1100703.jpeg
P1100696.jpeg

こちらは、立ち入り禁止のストックエリア。
バチカンの紋章が刻印された、アンティークのズマルトガラスなども見せていただきました。
P1100704.jpeg

こうした伝統を守る『技術』をもった職人達と『歴史を彩ってきた素材』を保存してあることで、
今もそしてこれからもバチカンのモザイクが輝きを放ち続けることができるんだろうな、
と「胸がいっぱい」になったひとときでした。

Edited by MihokoNarasaki




該当の記事は見つかりませんでした。