FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

キプロスの旅 パフォス考古学遺跡:ディオニソスの館 part 2

ディオニソスの館 四季のモザイク

さてさて、ここパフォス、ディオニソスの館は、館のシンボルにもなっている『ディオニソスをテーマにしたモザイク』にたどり着く前に、興奮で目がちらちらするほど、見所いっぱいなのです。
次にご紹介するのは3番目の部屋に描かれた『四季のモザイク』です。
こちらも発掘された当初、保存状態はよくなく必ずしもオリジナルに忠実な修復がされていない箇所もあるそうです。

PastedGraphic-1

全体図はこのような感じで、「四季」のシンボルとなる人物像が4隅に。
中心の人物のシンボルについては不明だそうですが、『Aion:エイオン』『年』を表すシンボルではないかともいわれています。

PastedGraphic-3.jpg

ヤギ

この中心の人物の上部に描かれている「草をついばむヤギさん」の姿
とっても可愛かったのですが、通路からカメラをむけても遠くていい写真がとれませんでした。
(なのでガイドブックの写真をおかりしました)
よくみると ヤギさんが食べてる草木の幹には 鳥がさえずり、牧神パンがもっている笛(syrinxシリンクス)がぶら下がっているではないですか。
余談ですがこのシリンクス、牧神パンが追い求めた乙女で、葦になってしまい、パンはこの葦で笛をつくったといわれています。

PastedGraphic-2.jpg

こちらは『秋』をあらわす人物
頭には秋のシンボル葉っぱや木の芽の王冠をかぶり、手には収穫用の鎌をもっています。

『四季』を表す人物像はそれぞれの季節を表すものと一緒に描かれているのですが、単に季節だけでなく、人間の一生の中の「四季」をも表している、人物の描写にも注目です。

春、夏、秋、冬
花とともに描かれた「春」の人物は、花々と共に若々しい乙女の姿、
夏は麦と鎌をシンボルに若々しい青年の姿
人生の終盤、「冬」に描かれる人物は「年老いた老人」
というかんじに、人間の人生の四季にもなぞらえているのです。
豊かな「実りの秋」のシンボルはさながら中年期の人物、とはいえ若々しく描かれています。

左下の『冬』の人物はひげの生えた老人
背後に変な「イカ?」みたいなものと一緒に描かれていますが、(イカのわけないですがイカにしかみえない 笑)
解説を読むと、アンフォラのような瓶から水が流れているそうです。
「水」にまつわるシンボルが描かれているみたいです。

P1180645.jpeg

この四季の部屋、もうひとつの注目ポイントは入り口と出口に描かれた言葉、
Tabulae ansatae タブラエ アンサタエと読むのでしょうか(ラテン語?)
四角い枠と三角形で構成された、キャンディのようなデザインのなかに文字がかかれています。

部屋の片方は『XAIPEI』 welcome とか rejoice、歓迎や喜び
もう片方には『KAI CY』 you too:あなたにも
の意味を表す言葉が描かれています。

こんな風に客人をもてなす言葉が描かれていると、何世紀もの時を越えて極東の日本からこの館を訪れた私に語りかけているようで、館の主に親近感がわきますね。

P1180669.jpeg
P1180670.jpeg

image2.jpeg

この館の主人のように
「XAIPEIという文字を玄関の床にいれてみたいなぁ」
なんていう生徒さんが現れそうな気がします。笑

つづく

キプロスの旅 パフォス考古学遺跡:ディオニソスの館 part 1

年末年始に訪れた キプロスの旅
やるやるといいいながら、随分と時間が経ってしまいましたが、今回は私、楢崎がレポートいたします。

ディオニソスの館 ナルキッソスのモザイク

この旅の第一の目的はココ、モザイクの宝庫の遺跡:パフォス考古学遺跡を訪れることでした。
今回はツアーでの参加だったので、制限時間内に思う存分見れるか、ハラハラドキドキ

興奮をおさえながら、遺跡の入り口へ。
遺跡は港のそばにあるのでランチもそのそばのシーフードレストラン、とっても美味しかったです!

P1180628.jpeg

傘を持っているのは、ガイドのクリスティーナさん。
私が存分にパフォスを満喫したいという、わがままなリクエストにも応じてくださいました!

P1180629.jpeg

遺跡の中は思っていた以上に広いんです。
この地図をみると、目的のモザイクの館はおもに4つ代表的なものが点在しています。
それぞれの館の名前は、その館で発見されたメインのモザイクのギリシア神話の登場人物にちなんでいます。

ディオニソスの館
テセウスの館
エイオンの館
オルフェウスの館
高まる期待!!!!いったいぜんたい全部こころゆくまで見れるんだろうか。。。。

P1180633.jpeg

まず向かったのがおそらく一番大きいと思われるディオニソスの館
モザイク三昧の館です。建物は屋根で覆われていてじっくりとみることができます。

P1180635.jpeg

入り口をはいってすぐのところにあるのが、モザイクの標本のようなもの。
モザイクを構成するテッセラの大きさや素材などのサンプルがおかれていました。

P1180638.jpeg

こちらも入り口はいってすぐのことろに、おそらくはモザイクの歴史を伝える上でも重要な『小石モザイク』が第一の部屋にありました。
小石モザイクは、小さな立方体からなるテッセラモザイクがつくられる以前から床モザイクに用いられてきました。
この白黒の石で描かれた小石モザイクも紀元前4世紀後半から紀元前3世紀のものでとても古いものです。

P1180639.jpeg

P1180637.jpeg

ここディオニソスの館ですが、かのディオニソスにまつわるモザイクだけがあるのではなく、ギリシア神話に登場してくる様々な人物のモザイクの部屋があります。
こちらは、2番目の部屋に展示されている『ナルキッソス(ナルシス)のモザイク』です。
『ナルシスト』という言葉のもとにもなった、水面に映る自分自身の顔に恋に落ち、そのまま水におちて死んでしまういうお話有名ですよね。
よ〜くよ〜〜〜〜くみると、このモザイクにもまるで心霊写真?のように水面に映ったナルキッソス、描かれているんです。(ふふふ、作り手の気持ちになるとおもうんですけど、制作者はけっこう苦労したと思います。この水面に映る方の顔をつくるとき)

image1.jpg

エンブレマと呼ばれる中心部分のナルキッソスのモチーフの周りは白黒のモノトーンではありますが、とても素敵なデザインの幾何学模様のモザイクでうめられていました。
よ〜くみるとなかなか凝っているんです。シンプルだけどインパクトもあるこのデザイン、私好みでした。

P1180636.jpeg

P1180674.jpeg

肝心のこのディオニソスシリーズのモザイクにたどり着くまで、まだまだ見所いっぱいの館です。
少しづつご紹介していきますね。

該当の記事は見つかりませんでした。