FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

ぶどうの木

sconstanza18.jpg
サンタ・コンスタンツァ廟のモザイク ローマ イタリア

先生がキプロスの旅を続けているので、私は久しぶりにローマに回帰しようかなー、と昔の写真を漁っていたらとってもキニナル作品を見つけてしまいました。
なので今回の記事はこれにしましょう!

だってこのモチーフ、デジャブ感ハンパないです。
モザイクがあるのが床じゃなく天井で、色合いもちょっと違う感じですが、ぶどうの唐草模様に天使がいたり小鳥がいたり、、、
そう!前回先生がディオニソスの館で紹介していた説明によく似ていませんか?

ここはローマの北東部ノメンターナ通り沿いにあるサンタ・コンスタンツァ廟です。
この廟の主コンスタンツァ(コンスタンティーナ)は最初のキリスト教皇帝コンスタンティヌス大帝の娘です。彼女は敬虔なキリスト教徒で354年に亡くなりました。そしてこの廟が作られたのは350年ごろと言われています。

つまりここはキリストの信者が信者のために建てた霊廟のはずです。でも、、、
キリスト教が公認されて間もない時期って装飾に試行錯誤が見え隠れします。ローマ的なものをそのまま採用したり、意味を変えて転用したり。そういうの面白いなーと思います。

sconstanza22.jpg sconstanza01.jpg

建物の中は訪れる人も少なく、静謐という言葉がぴったりの空間です。
中央にドームがありその周りを回廊がぐるりと取り囲んでいます。この回廊のヴォールト状の天井に目的のモザイクがあります。

こちら光源も少なくまたコインでつく照明もあまり明るくないため全般的にピンボケの写真が多いです。見づらくてすみません。

sconstanza02.jpg
sconstanza12.jpg
sconstanza14.jpg
sconstanza11.jpg
sconstanza03.jpg

sconstanza20.jpg

地色の白さが新鮮に感じますし深い紺色とのコントラストが印象的です。ぶっちゃけると古代ローマの床モザイクがそのまま天井に使われてる感じ? よく見ると、ところどころに金色のテッセラが埋め込んであって、お金がかかってるなーとも思ったり。そりゃ皇帝の娘の廟ですものね。

sconstanza09.jpg

↑ピンボケなのでサムネイルで失礼します。(クリックしたら拡大して見られます)
この辺り金色のテッセラが多く使われています。
様々な模様の中に、水盤の水を飲む鳩の模様があります。ここではまだ群像のなかに紛れてますがラヴェンナでは代表的なモチーフの一つまで格上げされてました。
鳩は聖なる水を運んでくるし、キリスト教的に使えそう! なんて後々の時代に偉い人がチョイスしたのでしょうか?

RIMG0453.jpg RIMG0560_20170508123111ebd.jpg

最初のものと同じようなものがもう一つありました。女性の姿がこちらのほうがスマートです。
sconstanza05.jpg

真ん中のあたりに大きく描かれたこの女性の胸像はコンスタンツァだそうです。
ということは数ある中でこのモチーフがメインなのでしょうね。

ぶどうといえばモザイクではないのですが気になる品がもう一つ。
sconstanza10.jpg P1300072.jpg

コンスタンツァの石棺。廟に置かれているのは複製で(1枚目)オリジナルはヴァチカン美術館にあります(2枚目)。
浮彫にはアカンサスとぶどうの蔓でできた輪の中に天使のような姿の少年がぶどうを収穫したりぶどう酒を作ったりしています。

当時の司教たちはぶどうを収穫するシーンやぶどうの木というモチーフがキリストの教えに使えると思ったんでしょうね。
聖餐ではワインを用いてますから、ぶどうは無関係ではないのは確かです。
また聖書のヨハネ記15:1〜5ではキリスト自身が「わたしはまことのぶどうの木」であると言い、弟子たちを実り多き枝に例えています。
生い茂るブドウの蔓や枝でキリスト教の発展を願っていたのかもしれません。

とは言ってもディオニソス的なものも見逃しませんよ。
一見幾何学模様に見えるこちら、イルカがたくさんいます。ディオニソスを騙そうとした海賊の軍団の成れの果てです。

sconstanza15.jpg

廟にはヴォールト部分の他に2箇所のアプスにモザイクが残っています。
sconstanza16.jpg

こちらのモザイクはトラディツィオ・レギス(律法の授与)の場面を表したものなのだそうです。
キリストがペテロに巻物を与え、それをもう一人の使徒パウロが賞賛してるところで、巻き物には「主は平和を与える」と書かれています。
4世紀末ごろのもので現存するローマの教会モザイクの中でも最古だそうです。
おひげのないキリスト様がここにもいました。初期のキリスト様は若々しく麗しい姿なのがいいです。

sconstanza19.jpg

こちらのモザイクは神がモーセに十戒を授ける場面と説明されているものと、キリストがペテロに天国の鍵を渡す場面と説明されているものとあります。ウィキではイタリア語、英語共に後者の説をとってました。
4世紀作の物そのままなら球体に座ってらっしゃるのは神様でしょうけど(お髭が生えているので)後世に手が加わったりしてるとキリストかもってところでしょうか? 時期の説明もいろいろでなんとも言えません。 
ペテロにお髭がないのも珍しいです。

こちら、テルミニ駅の東マルサーラ通りを北に行ったイタリア財務省前のバス停から行けます。ノメンターナ通りに入る前の城壁の門はミケランジェロ設計のピア門ですので、そちらもお見逃しなく。

キプロスの旅 パフォス考古学遺跡:ディオニソスの館 part 3

ディオニソスの館 「ディオニソスの凱旋」

おびただしい量のモザイクの絨毯がのこる邸宅にはいると、興奮のあまり夢中になって、ひたすら前のめりに写真を撮るのですが、あとになって、はて?このモザイクはいったいどの部屋のどの部分にあったんだろう、と思い出せないことがよくあります。

このディオニソスの館も例外でなく、写真のように過剰なまでの幾何学模様の連続のなかに小鳥や草花が描かれた細かな縁模様があり、さらには中心に葡萄の唐草あり、、、
と盛りたくさんすぎて私の焦点があわなくなり、しまいにはわけのわからない写真ばかりとって肝心なものが抜けてたりするんです(反省)

P1180661.jpeg

これからご紹介する『ディオニソスの凱旋』のモザイクもあれ?どこにあったっけ?と思い出してみると。。。
そう、さながら『ドアマット』のように部屋の入り口部分に描かれているではないですか。
保存状態がいいのか悪いのかよくわからない、全体的にうすぼやけた色なんでわかりにくいかもしれません。

そう、この部屋は確かに『葡萄』『ディオニソス』をテーマにしたこの館のメインといってもいい大きな部屋(11,5x8,5m)で『タブリヌム:ダイニングルーム』として使用されていたところです。

PastedGraphic-1
 
インドを征服して凱旋するディオニソスは、持ちかえった『(のちにディオニソスのお供のシンボルとなる)』に引かせた二輪の馬車に座っています。
後ろにいる侍者のサテュロス、右手で葡萄酒が入っていたとおもわれる革袋を引きずり、左手で青いガラスで鮮やかに描かれたクラテール(おそらく葡萄酒がはいった大きなかかめ)を持ちながら、よく見ると左足(半獣ではないですが)で、器用にもディオニソスが乗っている二輪車を押しているではないですか!
ご主人様が乗っている 乗り物 片足でちょいちょい、と押す
ちょっと『ゆる〜い』感じの描写が和みます。 笑

PastedGraphic-2_20170415182247e26.jpg

このドアマット、横長でかなり大きくて、全体の写真を撮り忘れ、全体図がなくてすみません。
こちらの写真は4人の人物が描かれていて、ディオニソスのあとに続いて凱旋しています。
右から 皆さんおなじみのパン(半獣半人の牧神)。
その隣のあきらかに肌の色が黒く描かれている裸の人物はインドからつれて帰った奴隷とおもわれます。
パンの踊り出しそうな足と嬉しそうな表情に比べて、後ろ手につながれた奴隷の人、顔色悪くて可哀想。
奴隷の後ろに続くのは Bacchanteとよばれる侍者たち。

P1180657.jpeg

PastedGraphic-3_201704151822531c3.jpg

幾何学模様、唐草、、、
この豪華な装飾、どこに焦点をあててみても『濃い』のでなかなか視点をさだめることができないまま圧倒されます。
ところどころ損傷している部分もあり、鮮明ではないけれど、非常に細かいピースのテッセラで丁寧に描かれています。
葡萄の木の蔦がのびのびと描かれ、その中で、葡萄の収穫をする人、天使、鳥、動物などなど盛り沢山。

P1180650.jpeg

P1180651.jpeg

アカンサスとおもわれる植物の唐草の中に鳥や果物や花々が描かれるこのパターンも人気の模様。私も大好きです。
遠くからしか写真がとれなかったのが残念。

P1180655.jpeg

P1180659.jpeg

しかしまぁ、本当に、よく作ったものだと思います。
これだけの量の石を手作業で割り、デザインを構成していくのは並大抵の作業量ではないことですよね。

コの字型に並べられた寝椅子の上で葡萄酒を飲みながら、食事を共にし、ディオニソスや葡萄にまつわるモザイクを眺めていたなんて!
なんとも優雅でうらやましい限りですね!
床の装飾がこれですから、食卓はさぞかし華やかだったにちがいありません。

想像していたら、なんだかワインが飲みたくなってきてしまいました。

つづく

ポンペイでモザイクを探してみた

pompei08.jpg
「アポロの家」のモザイク ポンペイ イタリア

ポンペイ、ヴェスビオ火山の爆発で一瞬のうちにその火山灰の下に埋もれてしまった、イタリアでもいや世界的にも超有名なローマ遺跡です。
モザイクに出会う前にポンペイの遺跡を一度訪れたことはあったのですが、その頃に見たものといえば「猛犬注意」のアレしか記憶がなくて、改めてモザイク目的で行ってみました。

pompei11.jpg

事前調査してわかったのですが、ポンペイでのモザイク出現率めっちゃ低いです。
モザイク装飾があるのは主に浴場跡か邸宅なので、その二つを中心に調べたのですが浴場は特になし。邸宅はモザイクの表記があったものは十数件のみでした。
その中でもめぼしいものはほとんど博物館に行っているでしょうし、あるとしても中に入って見られるかどうか、、、

そんなにポンペイって邸宅が少なかったのか?というとそうでもないらしいです。
噴火直前のポンペイは商業と農業で栄えた小都市、市参事会にいた100名ほどはいずれも名家や金持ちだということで、少なくともその程度の富豪はいたようです。ただ元老院階級はいなかったようなので、ローマから見たら小金持ち程度が多かったってことでしょうか?

そして実際に行ってみたところ、ちゃんと中に入ってじっくり見れたなーと思ったのはわずかに3件のみでした。

まず一つ目は、かの有名なファウノの家(または牧神の家)
あの「ダリウスとアレクサンダー大王の闘い」のモザイクがあるところです。
とは言っても、ここにあるのはレプリカですからこんな風にあったよって感じで。2つのペリスタイルに挟まれた部屋の床を飾ってました。ペリスタイルって私的な中庭を指します。ちなみに公的な中庭がアトリウム。ということはあのモザイクは邸宅に住む家族や私的なお友達等、内輪の人しか見られなかったんでしょうか?なんてもったいない話でしょう!

pompei02.jpg

ファウノの家には他にもこんなモザイクがありました。

pompei01.jpg
pompei03.jpg

2つ目の家がトップ絵の「アポロの家」のモザイクです。
モザイクは広い庭の端っこにある小さな建物の壁に飾られてました。

pompei10.jpg

この鮮やかな発色のテッセラは貝殻と練りガラスで作られてました。こんな昔から練りガラスの技法があったんですね。

トロイ戦争の中の、女装してシロ王の娘達の間に紛れ込んだアキレウスをオデュッセウスが見破るシー ン。
オデュッセウスが乙女達に衣類やアクセサリーといった贈り物をし、その中に混ぜた武具を思わず手に取った乙女をアキレウスと見抜いたのですが、もしかして混ぜた武具ってこの盾ですか? 随分と大物を持ってきたものです。
そして乙女と見まごうという設定のアキレウスの顔をアップで撮ったら怖くなりました。保存の状態がちょっと残念な感じです。

pompei09.jpg P2120196.jpg


このアポロの家には他にも「三美神」と「アガメムノン対 アキレウス」の色モザイクがありました。この2つはナポリ考古学博物館で見られます。

pompei_ad1.jpg
pompei_ad2.jpg

3つ目が先に登場した猛犬注意のモザイクがある「悲劇詩人の家」でした。

あとは外から覗き込む形で幾つか

大噴水の家
pompei05.jpg

小噴水の家(ピンボケだったのでサムネイルで失礼します)
pompei06.jpg

アンカーの家
pompei04.jpg

他にもちょこちょこと外から撮った白黒モザイクがある程度でした。

モザイクだけを目的に行くと労多くして益少なし、いやー大変でした。
でもどうしてもやってみたいというお方のためにちょっとだけアドバイス。
今回ご紹介したモザイクはポンペイの遺跡のなかのRegio VIに全てあります。まあ、いつもいつも同じところが空いていてなかに入れるとは思えないですが、ご参考までに。
広い遺跡、少しでも省力化して見て回れますように。




該当の記事は見つかりませんでした。