FC2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

リキア遺跡とモザイクと1

クサントスの遺跡のモザイクを求めて

今回もトップにモザイクの写真がありません。ということでいつもご覧になっている方はお察しの結末なのですが、、、

リキヤ文明ってご存知ですか?

アナトリアに海の民が進出し、ヒッタイトが滅亡した頃、その一派が逃げ込んだと言われる地がリキヤ地方だ。トルコの南海岸、フェティエからアンタルヤにかけた一帯を指し、紀元前5世紀以降の遺跡がある。
紀元前545年、ペルシア軍に占領されたリキヤは、後にアレキサンダー大王に解放され、ギリシア・ローマ色が濃くなった。聖パウロがエフェスからの帰りに立ち寄ったこともある。
歴史の波にもまれながらもリキヤは独特の文化を持ち続け、今も岩窟墓室や石棺などに優れた技術が認められる。その多くは木造家屋をかたどり、三角屋根や柱の形状レリーフに独特の手法を用いたもの。出土品は大英博物館やイスタンブールの考古学博物館で公開されている。(地球の歩き方より抜き書き)


ということだそうです。
リキヤ文明自体はモザイクとは関係ないようなのですが、時代の流れでモザイクが残っている遺跡があるようなので巡ってみました。

まず行ったのはこちら、クサントスの遺跡です。
世界遺産に登録されているのですが、過剰に整備もされておらず素朴な味わい。

xantos - 1

まず目を引くのがローマ時代の劇場跡です。

xantos - 10

劇場のそばに特徴的なデザインの石塔らしきものがありますが、実はお墓で上にあるのが石棺です。
家型の石棺はリキヤの典型的なデザインです。
その隣にあるのはハーピー・モニュメント呼ばれるもの。お家型の石棺が多い中、4面がレリーフで覆われた方形の石棺は珍しいということで名前が付いている模様。ちなみにこのレリーフ、こちらの遺跡にあるのはレプリカで本体はなんと大英博物館(!)にあります。

xantos - 4 xantos - 5
xantos - 7

近辺をウロウロしていると足元にはモザイク床の断片がちらほらと。
浴場?邸宅?お墓がそばにあるのに?
時代とともにお墓が町の中に取り込まれちゃったのでしょうか?ちょっと不思議ーな感じです。

xantos - 3 xantos - 8

アゴラを挟んで向こう側にある石塔、近づいてみると表面は文字がびっしりと彫り込まれてました。リキヤ文字のようです。"The Inscribed Pillar"と呼ばれ、紀元前425〜400頃に建てられた戦争(戦勝?)記念碑でした。

xantos - 13 xantos - 14

奥に進んでいくと、広々とした古代の道

xantos - 15

、、、と雨のおかげで水浸しです。
実はこの道の向こうに目的のものがあるのです。
脇のブッシュをかき分けかき分け進み(←これ、結構大変でした)

はい、ようやくここまできました。
xantos - 16

そして右側の方にビザンチン時代の教会跡があるのですが、、、、 あれ?

xantos - 17

期待のモザイクはビザンチン教会の床モザイクだったのですが、全てカバーと砂利の下になってました。
こんなに広いエリアなのに、全部、ぜぇんぶ、カバーの下とは、、、しくしく
今までなんどもモザイクのカバーでがっかりしたことはありましたが、この時ほどカバーをはがしたい衝動に駆られたことはありませんでした。だってここまできて収穫ゼロ!

諦めきれずにあたりをウロウロしてようやく撮れたモザイクの写真はこれだけ

xantos - 18

本当ならこういうのが見られるそうです。

2013-05-22 Xanthos 006


ゲドからアマルフィへ

ravello6.jpg

アマルフィのドゥオモ前からこんにちはorこんばんは

実はこちらは今回の記事の本命ではないのですが都合上こんな感じになってます。

ジブリのアニメで「ゲド戦記」ありますよね。
昨年末ごろテレビで放映されてて、この度ようやく最後まで話について行って見ることが出来ました。多分。
冒頭のシーンでビザンチンを思わせるようなモザイクで装飾された建物が登場するおかげで、背景に目を取られ、のっけから本筋から取り残されてしまう厄介なこの作品。(私だけでしょうが)

そのゲド戦記のモザイクといえばタイトルバックに現れるこちらの龍ですが、これを見るたびに思い出すものがあるんです。

ravello8.png

そのモザイクがある場所に行ってみましょう!

南イタリアのアマルフィ海岸沿い、アマルフィの町のお隣にラヴェッロという町があります。
「標高350mの高台にある洗練された高級リゾート地」だとか。
アマルフィからわずか30分ほどのドライブで到達したドゥオモ前の広場、めっちゃ閑散としてます。そっかまだ3時前だしまだお昼休みなのでしょう。

ravello1.jpg

時間つぶしにヴィッラ・ルーフォロに入ってみました。

ravello5.jpg

ワーグナー音楽祭で使われる場所ということで、聞きなれたワーグナーの作品をBGMに建物を観光。
お庭が素敵なところなのですが、お出かけしたのは1月だったので季節的にお花の種類が少なくちょっと寂しいです。
モザイク目的で出かけて季節のチョイスを誤る、私がちょいちょいやらかすミスです。

ravello3.jpg

でも眺望は季節に関係なくとっても素敵〜♪

ravello2.jpg

そろそろお昼休みも終わりかな?と再びドゥオモ前。
うーん、まだ扉が閉まってる。
もしかして押したら開く?と試してみたもののやっぱり閉まってる。
近くに開館時間案内を見つけのですが、なんと17時~20時!!
うーん、流石に待てない。次の予定に間に合わない、、、、、

実はこのドゥオモにある2つの説教壇が見たかったのです。
ヨナの説教壇のヨナとはアクイレイアの教会でも登場したあのお方です。
怪物に飲み込まれるところと吐き出されるところのヨナがモザイクで施されてるのですが、この怪物がなんともコミカルで愛らしい。
そう、この怪物をなぜか思い出してしまうんです。
全然似てないんですけどね。

実物の写真はこちらで確認していただければと思います。
イタリア情報サイト

もうひとつのライオンの説教壇にはこんな子もいたりして、こっちの方がゲドモザイクに近い?
龍じゃなくてグリフォンです(昔どこかから拾ってきた画像です)

ravello7.jpg

もっとそっくりなの見つけたいですね。
そんな風にモザイクを探してみるのも楽しいです。

該当の記事は見つかりませんでした。