fc2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

とってもラヴェンナ

Euphrasia_12.jpg
エウフラシウス聖堂建築群のモザイク群 ポレチュ クロアチア

いよいよエウフラシス聖堂の本体に入ります。
建物の側面から入るとキラキラモザイクが覆いかぶさるように迫ってきます。
く、首が痛い。
Euphrasia_05.jpg

Euphrasia_07.jpg

直感的にまず感じるのが、ラヴェンナでみたモザイク達にすごくよく似ているということ。
実際のところ建てられた時代も6世紀とほぼ同時期なので、ちょうどこういうのが流行っていたのでしょうか。
北アドリア海の沿岸都市で職人や材料が行ったり来たりしていたようです。

まず目に付いたのがアプシス左手のこちらのモザイク
この町の初代司教である聖マウルス、献堂したエウフラシウス、そして主任輔祭クラウディウスとその息子のエウフラシウスです。
アプシスの下部にある文字は(トップ絵の方が見やすいかも)エウフラシウスの貢献が忘れられ無いよう、長い碑文がモザイクで作られました。
Euphrasia_02.jpg

Euphrasia_08.jpg
神の羊

見づらいので少し後ろに下がって見ましょう。

Euphrasia_14.jpg

上の凱旋アーチには若いお髭の無いキリストが座っています。
Ego sum Lux vera とは「私は真の光である」の意味です。
Euphrasia_11.jpg

隣には12使徒、名前があるので誰が誰だかわかりやすい。
Euphrasia_10.jpg

アプシス中心には聖母子像
周りの雲の表現もラヴェンナによく似てます。
Euphrasia_13.jpg

天蓋の向こうにも気になるモザイクがありますが、見えづらくて残念です。
Euphrasia_01.jpg
Euphrasia_16.jpg

正面の全体像
Euphrasia_18.jpg

モザイクでは無いですが大理石でできた柱頭とアーチの内側の漆喰の飾りがいい味を出してます。
Euphrasia_17.jpg

側廊の正面にもモザイクが少し残っています。
Euphrasia_15.jpg

床下の床モザイクも見ることができます。場所によっては2層になっていて建て替えがあった様子がわかります。
Euphrasia_22.jpg
Euphrasia_23.jpg

ふうー、これで全部回ったことになります。
1箇所で古代ローマ末期〜初期キリスト教の移り変わりが見られる贅沢仕様です。

1 邸宅の中の礼拝堂(4世紀くらい?)
2 中庭モザイクのところにあった初期バジリカ(4世紀後半)
3 アトリウムを備えたエウフラシウス聖堂(5世紀)
4 現在のエウフラシウス聖堂(6世紀に建て替え)

すっごく勉強した気分になりました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。