fc2ブログ

Viaggio mosaico

〜モザイクをめぐる旅〜

エジプトに恋い焦がれたローマ人?


palestrina56.jpg

ナイルモザイク パレストリーナ イタリア

またもやローマ近郊です。週末のお出かけにはこういうところが行きやすいですから。
行き先はローマからほぼ東に30キロ程行った所にあるパレストリーナです。

ここは紀元前7世紀にはすでに存在していたという古い歴史を持つところだそう。丘の斜面地に建物が貼りついたような、そんな小さくて可愛らしい町です。

この斜面に紀元前2世紀頃につくられた、フォルトゥーナ・プリミジェニアの聖所の遺跡があります。以前はこの上に中世の建物が建っていたのですが、第2次世界大戦時に連合軍の爆撃により破壊されて、その下にある遺跡が見つかったのだそうです。

palestrina75.jpg

かなり勾配のきついところに、何段も重なったフォルトゥーナ神殿。後になってその最も高い位置にバルベリーニ宮殿が建てられてました。

palestrina01.jpg


宮殿は現在、考古学博物館として利用されています。この遺跡からの出土品等が主です。ローマ以前のもの(エトルリア)や共和制ローマ時代、帝政ローマ時代のものなどが目に付きます。
床モザイクも幾つかありました。

palestrina08.jpg

palestrina09.jpg
palestrina11.jpg palestrina10.jpg

palestrina12.jpg
palestrina14.jpg palestrina13.jpg

でも窓辺から見下ろす景色の素晴らしさも見逃してはいけないと思うのです。

palestrina04.jpg


そんなのんびり気分で見学してましたが、建物最上階に上がるといきなりモードが変わっちゃいました。
なぜって、ナイルモザイクの登場ですから!!
見てみてびっくり。今まで見ていたモザイクとは全く別物なんです。とにかく細工がすごく細やか。床モザイクの中心部にのみ精密なモザイクが施されているものにお目にかかることはありましたが、全面的にこの大きさで(あ、サイズがわからないですね、調べてみたら幅5.85m × 高さ4.31mでした)作っちゃうなんて。遠目から見ると完全に絵です。近寄って初めてモザイクの粒一つ一つが分かる感じ。作品の手前2mあたりに柵が設けられているので、腰が痛くなるほど前のめりになって見てました。

このモザイク、フォルトゥーナ神殿の床を飾っていたのだそう。これだけ細かいということは相当の技術者が集まってきたはず。聖所の重要さが窺い知れますね。
中に登場する動物たちはなかなか風変わりな様相をしたものもいます。ローマで遠くエジプトの地に想いを馳せながら、想像豊かに作ったのではないでしょうか?作り手の情熱が伝わってきます。中には動物なのに顔が完全に人間でかなりファンタジーなものもいます。オーパーツとして楽しむのもいいですけどね。

今回も動画でお楽しみください。




ちなみに私のお気に入りは

palestrina39.jpg
さるかに合戦?in ナイル です。




追記(2015/6/30 0:13)
コメント欄に興味深い説明をいただきました。そちらもぜひごらんください。

4 Comments

Mihoko says..."すごいですよね!"
Akiko様
今回もまた興味深い旅のレポートありがとうございました!
パレストリーナのモザイク、Opus vermiculatum: オプュス・ヴェルミクラトゥムという分類の非常に細かいピースのテッセラからなるモザイク。
ヴェルメとは、ウジ虫のこと。ウジ虫のように細かいなんてちょっと気持ち悪い表現ですが、現物をみて、その創作過程を想像すると気持ちが悪くなるぐらい、大変な作業だったと思います。笑
私も訪ねたことがあるのですが、現物をみると圧倒されて描かれている人物や動物の描写にまで目がいかないのです。なので、動画でみたときすごく新鮮で、
実物をみる以上に「生き生きとした躍動感」が感じられてとても驚き感動しました。

他にもここには重要なモザイクがありました!
赤と黒、白の幾何学模様のモザイクは
小石モザイクとテッセラモザイクの過渡期に形成されたものなのでは?と思います。

モザイクの旅、本当に興味深いですね。

2015.06.29 20:39 | URL | #rhZYmEzQ [edit]
says...""
ご無沙汰しています。Tです。
近藤さんの記事を読むといつも、モザイクのことはもちろん、
世界にはまだまだ知らないところがたくさんあるんだなと思います。

今回のモザイクも私にとっては新鮮で、
特に小石のものは色使いもデザインもモダンでかっこいい。。。!

写真を見ているだけで海外を旅した時のような気分になれて
知らない世界を見せてくれて、近藤さんはすごい!
次の記事も楽しみにしていますね〜。
2015.06.29 22:35 | URL | #- [edit]
Akiko K says..."Re: すごいですよね!"
Mihoko 様

わー、詳しい説明をありがとうございます。
またまた自分一人では価値のあるものを見過ごすところでした。
先生の説明がつくとなお一層モザイクの素晴らしさが見えてきます。

赤黒白のモザイクは確か共和制ローマ時代のものです。時期的にも合ってます。。。よね?
画像を拡大してみると偶然に割ってできたものを組み合わせているっぽい感じで面白いです。卵モザイクみたい。

そして蛆虫(うぇー)のネーミングにのけぞってしまいました。
現代のような道具もなさそうな時代にここまで精巧な作品を作ることを想像すると、作り手は相当大変だったでしょうね。

>モザイクの旅、本当に興味深いですね。
今まさに実感しています! 本当ですね。
2015.06.29 23:53 | URL | #- [edit]
Akiko K says..."Re: タイトルなし"
T 様

こんばんはー ご無沙汰しています。
いえいえ、そんな風に言われても(テレテレ)
私は単にあちこち旅行できるチャンスに恵まれてるだけです。
おそらくはTさんの感性が私が書いていること以上のものを受け止めているんだと思います。
小石のモザイクは私は現場でサラリと見ただけですし。。。

でも嬉しいです。がんばります。
2015.06.30 00:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。